インフォメーション
サービス案内 事務所概要 所員紹介 インフォメーション よくある質問Q&A お問い合わせ
HOME > インフォメーション > 税の情報 > 税務(法人) > シリーズ グループ法人税制 グループ法人間の寄付金

シリーズ グループ法人税制 グループ法人間の寄付金

2010年7月27日


所員ブログがオープンしてようやくようやく初投稿が上がりました。(嬉 嬉)
皆書いてくれるかなとチョット心配していたのでこれで一安心、初投稿が上がれば後は皆続いてくれるでしょうと思っていると、何やら事務所は重たい雰囲気。
「前田さんチョットレベル上げすぎじゃないですか。」との所員の声。
内容読まずに喜んでいてはいかんいかん。とブログ読んで見ると本当だ。
良く書けてるし内容も面白い。所長ブログ変わって欲しいぐらいの出来ですな。(素晴らしい)
これからもこの調子でバシバシ投稿して下さい。

確かに初投稿でレベル上がったかもしれませんが、レベルは気にせず皆さん日頃の思いや感じたことをどしどしブログに書きましょう。
阿久津は出来不出来は気にしません。内容も問いません。
皆で作ったホームページを盛り上げる為にそれぞれが出来る範囲内で協力し合う姿勢が何よりも嬉しいのです。阿久津事務所はOUR(私達の)事務所なのです。

ところで皆さん3題中何題出来ました。? 私は一題も出来ないよー(ショック)
問2は絶対にAグループだと思ったのに。。。(うーん 何故だ何故だ)
問3は若い人には解らない問題なのでこれは良しとしよう(相当無理してますな)
でも前田ママが全問正解???(おかしい 確か事務所の能力検査で論理弱かったはずなのに・・・)
しかし答えを見て納得。どうも問題の趣旨を良く理解していなかったようです。(これこそが頭がガチガチに固い何よりの証拠かも)

でも前田ガールズは手強そうだ。8月の梨の木狩りまでに頭柔らかくしておかねば!!
とは言っても急には頭柔らかくはならないよね。無駄な抵抗はやめましょう。
二桁までの足し算引き算のスピードで勝負じゃ。(←得意なのこれだけ 悲)

本日のコラムは「グループ法人間の寄付金」です。

寄付金認定とは

税務調査では、従来グループ法人間の取引で、特に問題とされたのが、寄付金の認定の問題です。
グループ法人間の取引は、第三者間のように利害が対立していない分、ややもすると恣意的になりがちです。
例えば、同じ場所に本社がある、グループ法人のA社とB社が、その家賃は儲かっているA社が負担し、赤字のB社から相応の家賃を取得していなかった場合などは、A社からB社に家賃相当分の寄付があったとされ、以下の処分が下されておりました。
① A社はB社に相当の家賃をもらった後に、その金銭を寄付したと考えますから。
「寄付金/受取家賃」 とされ、家賃の一部が収入とされ、その代わり寄付金が認められます。しかし寄付金は税務上限度計算があり、経費として認められるのはその限度までですから、限度を超えた分は全く経費になりません。
② B社はA社に相当の家賃を払った後に、その金銭を、A社より寄付として返してもらったと考えられますから。
「地代家賃/雑収入(寄付金)」とされ損益に影響はありません。
結果としては寄付金の損金不算入部分の所得が増えると言うことでした。

今後はどうなるか?

完全支配関係にあるグループ法人間のこう言った取引は、次のようになります。
① A社の寄付金は全額否認されます。よってA社は、相当の家賃分が課税されます。
② B社の寄付金は全額無かったものとされます。よってB社には相当の家賃分の経費が認められます。

A社もB社も利益を出していれば、グループとしての税金は行って来いで変わりませんが、A社が黒字、B社が赤字の場合は、B社の赤字が増えて、A社の利益が増えると言う結果となります。

またこの改正は法人が完全支配している場合に適用されますが、個人が完全支配している場合や、個人と法人で完全支配している場合には適用されませんのでご留意下さい。

HOME > インフォメーション > 税の情報 > 税務(法人) > シリーズ グループ法人税制 グループ法人間の寄付金