インフォメーション
サービス案内 事務所概要 所員紹介 インフォメーション よくある質問Q&A お問い合わせ
HOME > インフォメーション > お知らせ > グループ法人税制関係のQ&A2

グループ法人税制関係のQ&A2

2010年10月18日


国税庁から平成22年8月10日付けで「平成22年度税制改正に係る法人税質疑応答事例(グループ法人税制関係)」が公表されましたが、それに続く第二弾として平成22年10月6日付けで「平成22年度税制改正に係る法人税質疑応答事例(グループ法人税制その他の資本に関係する取引等に係る課税関係)」が公表されましたのでご紹介しておきます。

詳しくお知りになりたい方は下記をご参照下さい。
 国税庁-平成22年度税制改正に係る法人税質疑応答事例

今回は13問の質疑応答事例になっておりその内容は以下の通りです。
(完全支配関係)
問1 完全支配関係を系統的に示す図
問2 出資関係図に記載するグループ内の法人

(株式の持ち合い)
問3 株式持ち合いの場合の中小特例の適用の有無
問4 株式持ち合いの場合の寄附修正

(グループ法人間の資産譲渡)
問5 譲渡損益調整資産の譲渡原価の額

(欠損金の引継ぎ)
問6 残余財産が確定した場合の青色欠損金額の引継ぎ
問7 最後に支配関係があることとなった日の判定

(期限切れ欠損金)
問8 期限切れ欠損金額の算定方法
問9 残余財産がないことの見込みが変わった場合の期限切れ欠損金額の取扱い
問10 残余財産がないと見込まれることの意義
問11 実在性のない資産の取扱い

(適格現物分配)
問12 適格現物分配を行ったときのみなし配当の計算方法
問13 残余財産の分配が金銭と金銭以外の資産の両方で行われる場合のみなし配当の計算

各設問とも図や仕訳、申告調整、記載例等が具体的に解説されています。

 

HOME > インフォメーション > お知らせ > グループ法人税制関係のQ&A2