インフォメーション
サービス案内 事務所概要 所員紹介 インフォメーション よくある質問Q&A お問い合わせ
HOME > インフォメーション > 助成金情報 > 助成金メールマガジン 2013.3.1

助成金メールマガジン 2013.3.1

2013年3月 1日


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

    助成金メールマガジン    2013.3.1  月2回配信

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

お世話様になります。
阿久津公一税理士事務所 です。
http://www.akutsuzeimu.jp/


今回は以下のような情報をお届けします。

――――目次―――――――――――――――――――――――――――

■ 雇用助成金情報
A-1 実習型雇用支援事業
A-2 精神障害者支援専門家活用奨励金


■ 財団法人助成金情報

B-1 サラリーマン(ウーマン)ボランティア活動助成
B-2 シニアボランティア活動助成

■ 経営お役立ち情報

C-1 地域ブランド戦略の道しるべ 「地域団体商標2012」
C-2 ABL(動産・売掛金担保融資)の積極的活用
C-3 「でんさいネット」 サービス開始

■ IT関連情報
(1) セーフモードでトラブル修復
(2) 中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン事例集

(3) 青空文庫

―――――――――――――――――――――――――――――――――

助成金は融資とは異なり、返済不要のお金をもらうことができますから上手に

利用しましょう。「雇用助成金」は支給条件に合致すれば受給できるもので、

社会保険労務士が申請代行をしています。
「財団法人助成金」は、ボランティア活動や社会福祉活動をしている団体
(NPO)等に支給され、財団の審査に合格した場合に受給できます。




―――――――――――――――――――――――――――――――――
A-1 実習型雇用支援事業
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要
十分な技能・経験を有しない求職者を、ハローワークにおけるマッチング
(職業紹介)を通じて、実習型雇用により受け入れ、その後に正規雇用する

事業主が受給できます。


▼受給額
・実習型雇用期間(6ヶ月) → 月額10万円/1人
・実習型雇用期間終了後の正規雇入れ → 100万円/1人


▼主な受給要件
① ハローワークにおいて実習型雇用として受け入れるための求人登録を
していること

② 受け入れる求職者を実習型雇用終了後に正規雇用として雇い入れること
を前提としていること



▼問合せ先
「ハローワーク」
http://www.mhlw.go.jp/kyujin/hwmap.html


▼詳細説明サイト(PDF)
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/josei/kyufukin/dl/c02-6a.pdf



―――――――――――――――――――――――――――――――――
A-2 精神障害者支援専門家活用奨励金
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要
精神障害者を雇い入れるとともに、精神保健福祉士等の精神障害者の支援に
係る専門家を雇い入れ又は委嘱した事業主が、当該専門家の賃金又は委嘱
費用の一部を受給できます。


▼受給額
・精神障害者支援専門家の雇入れ → 最高180万円
・精神障害者支援専門家の委嘱1回あたり1万円(年24万円を上限)


▼主な受給要件
① 雇用保険の適用事業主であること
② 精神障害者支援専門家を雇い入れる又は委嘱し、精神障害者の雇用管理
に係る業務を行わせること。
③ 精神障害者支援専門家の雇入れ日又は委嘱日の前後6か月間に精神障害者
を雇い入れること



▼対象となる精神障害者
次のいずれかに該当する者であって、症状が安定し、就労が可能な者。

① 精神保健福祉法第45条第2項の規定により「精神障害者保健福祉手帳」の
交付を受けている者
② 統合失調症、そううつ病(そう病・うつ病を含む)又はてんかんにかかって
いる者


▼精神障害者支援専門家とは
① 精神保健福祉士、臨床心理士、臨床発達心理士、社会福祉士、作業療法士、
医師、看護師又は保健師の資格を有する者であって、精神障害者の支援に係る
実務経験が3年以上の者
② 障害者職業センターにおける障害者職業カウンセラーとしての実務経験が

3年以上の者
③ 精神科、心療内科等の病院又は診療所、精神保健福祉センター、保健所、
精神障害者の生活支援施設等で精神障害者の支援に係る実務経験を5年以上
有する者


▼問合せ先
「ハローワーク」

http://www.mhlw.go.jp/kyujin/hwmap.html


▼詳細説明サイト(PDF)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/shougaisha/pdf/0511b.pdf



―――――――――――――――――――――――――――――――――
B-1 サラリーマン(ウーマン)ボランティア活動助成

―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要
日ごろは会社などに勤務しながら、休日などを利用して「高齢者・障害者の
福祉やこどもの健全な心を育てる交流のボランティア活動」を行なっている
方々の活動に対して助成しています。


▼受給額
1件 20万円以内


▼受給具体例
① アートをとおして自己表現する「場」の提供として絵てがみ教室
② 障害児や健常児へのおもちゃ遊びやおもちゃの貸し出し
③ 子どもたちと大工さんの木を使ったものづくり

④ 落書き消去活動
⑤ 地域との連携で、たんぼにおえかき


▼対象者
社会福祉の推進に役立つボランティア活動を行っているか、または行おうと
するサラリーマン(ウーマン)の個人もしくはそのグループ。


▼問合せ先
「財団法人大同生命厚生事業団」
http://www.daido-life-welfare.or.jp/



▼詳細
http://www.daido-life-welfare.or.jp/subsidize/volunteer/index.htm



―――――――――――――――――――――――――――――――――
B-2 シニアボランティア活動助成
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要
「高齢者・障害者の福祉やこどもの健全な心を育てる交流のボランティア活動」
を行なっている年齢60歳以上の方々の活動に対して助成します。


▼受給額
1件 20万円以内


▼対象活動例
① 老人健康施設で皆様と一緒に唄う会
② 公園等における三世代交流の場をもうける
③ 高齢者と子供達との交流活動
④ 手作りのお弁当を手渡しで届ける配食サービス
⑤ 精神障害者の方の社会復帰サポート


▼対象事業者
社会福祉の推進に役立つボランティア活動を行っているか、または行おうと
する年齢60歳以上の個人もしくはそのグループ。


▼問合せ先
「財団法人大同生命厚生事業団」
http://www.daido-life-welfare.or.jp/


▼詳細
http://www.daido-life-welfare.or.jp/subsidize/senior-volunteer/index.htm



―――――――――――――――――――――――――――――――――
C-1 地域ブランド戦略の道しるべ 「地域団体商標2012」
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要
特許庁は、地域団体商標を広く紹介するため、昨年11月までに登録されて
いる519件とともに活用事例、権利者情報、写真等を掲載した冊子「地域
団体商標2012」を今年も発刊いたします。
本冊子では、地域団体商標制度を戦略的に活用することができるよう、成功
した活用事例に加え、地域団体商標に関するQ&Aや審査対応のポイントを
新たに盛り込みました。本冊子が、全国各地で地域振興を担っている皆様の
新たな地域ブランド戦略の道しるべとなれば幸いです。

▼詳細
「特許庁」
http://www.jpo.go.jp/torikumi/t_torikumi/tiikibrand.htm



―――――――――――――――――――――――――――――――――
C-2 ABL(動産・売掛金担保融資)の積極的活用
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要
金融庁では、ABL(動産・売掛金担保融資)の積極的な活用を推進すること
により、中小企業等が経営改善・事業再生等を図るための資金や、新たな
ビジネスに挑戦するための資金の確保につながるよう、今般、金融検査
マニュアルの運用の明確化を行うこととしました。


▼詳細
「金融庁」
http://www.fsa.go.jp/news/24/ginkou/20130205-1.html



―――――――――――――――――――――――――――――――――
C-3 「でんさいネット」 サービス開始
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要
「でんさいネット」(株式会社全銀電子債権ネットワーク)は、主として中小企業の
資金調達円滑化を目的に、従来の手形に代わる電子記録債権「でんさい」
の記録・流通業務を司る電子債権記録機関です。
手形の電子化により、手形の紛失や盗難の危険性がなくなるほか、債権者に
よる集金作業、通常の手形発行にかかる印紙代や郵送費用が不要になり、中
小企業の負担軽減につながるとされています。
http://www.densai.net/



―――――――――――――――――――――――――――――――――
IT関連情報
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼(1) セーフモードでトラブル修復

セーフモードはWindowsの起動モードの一つで、トラブル修復用のモードです。
稀ではありますが、ドライバソフトの不具合等があると、Windowsが起動しなく
なることがあります。このとき、付加的な機能を読み込まず、起動に最小限
必要なドライバ等だけで起動するのでがセーフモードです。
画面の見た目や操作方法等はあまり変わりませんが、解像度や同時発色数が
変更できなかったり、一部の周辺機器が使えなかったりといった制限があり
ます。セーフモードはあくまでもWindowsの設定を確認し、起動できるように
調整するためのモードです。

セーフモードの起動方法
http://www.pc-master.jp/sousa/s-safemode.html#xp



▼(2) 中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン事例集

本事例集では、情報セキュリティ対策が十分ではなかったために発生した事故
の具体的事例と、その対策のポイントが記されています。
これを他山の石として、自社が抱えている危険性についても再確認しましょう。

「独立行政法人 情報処理推進機構」 (PDF)
http://www.ipa.go.jp/security/keihatsu/shiori/management/03_casestudy.pdf




▼(3) 青空文庫

青空文庫は、日本国内において著作権が消滅した文学作品、あるいは著作権は

消滅していないが著作権者が許諾した文学作品を収集・公開しているインター
ネット上の電子図書館です。
森鴎外、夏目漱石、芥川龍之介など、10,000以上の作品が公開されています。


http://www.aozora.gr.jp/

HOME > インフォメーション > 助成金情報 > 助成金メールマガジン 2013.3.1