インフォメーション
サービス案内 事務所概要 所員紹介 インフォメーション よくある質問Q&A お問い合わせ
HOME > インフォメーション > 助成金情報 > 助成金メールマガジン 2013.5.1

助成金メールマガジン 2013.5.1

2013年5月 1日


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

    助成金メールマガジン    2013.5.1  月2回配信

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

お世話様になります。
阿久津公一税理士事務所 です。
http://www.akutsuzeimu.jp/


今回は以下のような情報をお届けします。

――――目次―――――――――――――――――――――――――――

■ 雇用助成金情報
A-1 高年齢者雇用開発特別奨励金
A-2 精神障害者ステップアップ雇用奨励金

■ 財団法人助成金情報
B-1 丸紅基金
B-2 ボランティアグループ等が行う事業への助成

■ 経営お役立ち情報
C-1 中小企業取引ホットラインが設置されました
C-2 第25回「中小企業優秀新技術・新製品賞」
C-3 インターネットを活用した海外販路拡大のポイント

■ IT関連情報
(1) パソコンの雷防止対策
(2) 拡張子ってなに?
(3) 五月病対策VAVI

―――――――――――――――――――――――――――――――――

助成金は融資とは異なり、返済不要のお金をもらうことができますから上手に
利用しましょう。「雇用助成金」は支給条件に合致すれば受給できるもので、
社会保険労務士が申請代行をしています。
「財団法人助成金」は、ボランティア活動や社会福祉活動をしている団体
(NPO)等に支給され、財団の審査に合格した場合に受給できます。



―――――――――――――――――――――――――――――――――
A-1 高年齢者雇用開発特別奨励金
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要
65歳以上の離職者を雇い入れた事業主が受給できます。


▼受給額
週当たりの所定労働時間が30時間以上の人 → 90万円 週当たりの所定労働時間が20時間以上30時間未満の人 → 60万円


▼主な受給要件
① 雇用保険の適用事業の事業主であること。
② 65歳以上の離職者を雇用すること。
③ 半年前から1年の間に従業員を解雇していないこと。
④ 労働関係帳簿(労働者名簿、賃金台帳、出勤簿等)を整備、保管していること。


▼問合せ先
「ハローワーク」
http://www.mhlw.go.jp/kyujin/hwmap.html


▼詳細説明サイト(PDF)
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/josei/kyufukin/dl/c02-4-02.pdf



―――――――――――――――――――――――――――――――――
A-2 精神障害者ステップアップ雇用奨励金
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要
精神障害のある方を試行的に雇用し、短時間の就業から始め、徐々に就業時間
を伸ばしていく「ステップアップ雇用」に取り組む事業主が受給できます。


▼受給額
対象労働者人数 × 月額25,000円 (最大12ヶ月間)


▼加算措置
精神障害者2人以上5人以下のグループでステップアップ雇用を実施し、支援
担当者を専任して対象者の援助を行う場合は、ステップアップ雇用奨励金に
加えて、グループ雇用奨励加算金が支給されます。


▼主な受給要件
① 雇用保険の適用事業の事業主であること
② 精神障害者をステップアップ雇用として雇い入れること ③ 労働関係帳簿(労働者名簿、賃金台帳、出勤簿等)を整備保管していること

▼問合せ先
「ハローワーク」
http://www.mhlw.go.jp/kyujin/hwmap.html


▼詳細説明サイト(PDF)
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/josei/kyufukin/pdf/43.pdf



―――――――――――――――――――――――――――――――――
B-1 丸紅基金
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要
福祉施設や任意団体が必要とする設備、機器、車輌、家屋のほか、各種団体
が行う調査・研究活動などに助成します。


▼受給額
総額1億円(1件あたりの上限200万円)


▼対象事業
① 心身障害児の療育、機能回復訓練などに関する助成
② 知的障害者の授産、社会復帰訓練などに関する助成
③ 精神障害者の授産、社会復帰訓練などに関する助成
④ 身体障害者の授産、社会復帰訓練などに関する助成
⑤ 高齢者福祉、地域交流などに関する助成
⑥ 児童福祉施設、および地域ケアなどに関する助成
⑦ 相談事業、ボランティア活動、地域活動などに関する助成
⑧ 社会福祉施設職員の活動環境改善などに関する助成
⑨ 社会福祉に関する調査研究などに関する助成


▼助成対象
① 申込者が原則として非営利の法人であること
(ただし法人でない場合でも、3年以上の継続的な活動実績があり、組織的 な活動を行っている団体は対象とする)
② 明確な目的を持ち、実施主体、内容、期間が明らかであること
③ 一般的な経費不足の補填でないこと
④ 申込案件に、国や地方公共団体の公的補助が見込めないこと、また他の
民間機関からの助成と重複しないこと


▼助成具体例
① 車イス対応車両の購入
② 作業所ミシンの購入
③ 物置・作業場の新築工事事業 ④ 手洗い設備の設置と面会コーナーの改修工事
⑤ 送迎用車両の購入


▼問合せ先・詳細
「社会福祉法人丸紅基金」
http://www.marubeni.or.jp/



―――――――――――――――――――――――――――――――――
B-2 ボランティアグループ等が行う事業への助成
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要
ボランティアグループ等が在宅高齢者または在宅障害者等のために福祉活動
や文化活動を行うために必要な費用または機器、機材、備品等を整備する
ための費用に対し助成します。


▼受給額
1件 10万円~50万円  合計2,000万円

 ▼対象となる事業または費用
① 在宅高齢者または在宅障害者の自助・自立の意欲を引き出し、または鼓舞
する等その生活の支援に必要な事業・費用
② 在宅高齢者または在宅障害者の福祉に関する事業をするために必要な機器、
機材、備品等を整備する事業・費用(動物及び植物を含みます。)


▼受給具体例
① 被災高齢者を対象とした、被災地への日帰り出張レクレーション
② 盲ろう者のための「通訳・介助者」の養成研修事業
③ お年寄りが運営する駄菓子屋
④ 園芸福祉活動で生きがいづくり
⑤ 視覚に障害のある人とボランティアの手づくりコンサート


▼対象事業者
地域福祉活動を目的とするボランティアグループおよびNPO
(法人格の有無は不問)


▼問合せ先
「公益財団法人太陽生命厚生財団」 http://www.taiyolife-zaidan.or.jp/



―――――――――――――――――――――――――――――――――
C-1 中小企業取引ホットラインが設置されました
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要

中小企業庁では、中小企業の取引全般の相談や親事業者による下請代金法
違反行為の情報提供・申告等をメールで受け付ける「中小企業取引目安箱」
を昨年11月に設置しました。
しかし、メールでは相談内容を十分に伝えることができないとお考えの方々
からも、広くご相談等を受け付けられるようにするため「中小企業取引ホット
ライン」を平成25年4月1日から開設いたしました。
このホットラインでは、消費税率の引上げを見据えた親事業者による下請事業
者に対する買いたたき等の下請代金法違反行為などについての相談についても
受け付けます。


▼問合せ先・詳細
「中小企業庁」
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/torihiki/2013/0401HotLine.htm



―――――――――――――――――――――――――――――――――
C-2 第25回「中小企業優秀新技術・新製品賞」
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要

りそな中小企業振興財団では、中小企業の技術の振興を図り、わが国産業の
発展に寄与することを目的に毎年1回優秀な新技術・新製品の表彰を日刊
工業新聞社と共催で実施しています。
受賞した各社からは、知名度が向上し、販売先の拡大や売上の増加、開発
技術者のモラールアップに役立っているほか、他社・公的機関との連携・
共同開発などにおいて、多面的な効果に結びついているという声が寄せら
れており、本賞の受賞が大きな波及効果をもたらしています。


「りそな中小企業振興財団」
http://www.resona-fdn.or.jp/main/jigyou/shingijutu.html



―――――――――――――――――――――――――――――――――
C-3 インターネットを活用した海外販路拡大のポイント
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要

ここでは、インターネットを活用した海外販路拡大のポイント、e-コマースを
利用する際の留意点、国ごとの違い等を分かりやすく掲載しています。
日本の中小企業の海外展開は、親会社の海外進出に合わせて、特にアジアに
おける製造拠点として進出が始まりました。近年では、中国をはじめアジア
各国の経済発展にともない、生産拠点から消費市場として着目されるように
なり、中小企業にあってもアジアをはじめ海外に販路を開拓する動きが活発化
しています。
このサイトでは、企業間の取引(BtoB)ではなく、インターネットを活用し、日用品
などの消費財を海外のお客様へ販売するBtoCまたはBtoBtoCと呼ぶ対消費者
向けのネット販売について、その仕組みや進め方をご紹介しています。


「中小企業国際化支援レポート」
http://www.smrj.go.jp/keiei/kokurepo/conjugation/index.html



―――――――――――――――――――――――――――――――――
IT関連情報
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼(1) パソコンの雷防止対策

「雷サージ」という言葉は聞いたことがあると思いますが、これは雷によって
瞬間的に発生する異常な過大電流のことです。付近に落雷があるだけでも、
「誘導雷サージ」が発生し、電線を通してパソコンも被害を受けます。
雷に直撃される被害よりも、この誘導雷サージによる被害の方が圧倒的に多い
ので、市販の「雷サージ対策製品」は、この誘導雷サージを対象としたものが
ほとんどです。

雷サージは、電気や電話の線を伝ってきますので、これを防ぐには、電気や
電話の線を元から抜いてしまうのが一番です。しかし、それでは仕事もストップ してしまいますから、最低限の対策として電源タップは雷サージ対応のものに
しておきましょう。それだけで完全に雷サージを防いでくれるわけではありま
せんが、何も対策をしないよりも効果が期待できます。

 

▼(2) 拡張子ってなに?

拡張子とはファイルの末尾に付いている「.(ピリオド)+英数字3~4文字」
で表す記号で、ファイルの種類を示すのに使われます。つまり、この拡張子を
見るだけでそのファイルがどのようなソフトのファイルかを特定することができる
わけです。エクセルなら xxx.xls  ワードなら xxx.doc  という拡張子が
ついています。

拡張子が非表示になっていても、普段はそれほど不都合はないと思いますが
稀なケースでウイルスの被害にあう可能性があります。
たとえば、nihon.txt.exe というウイルスファイルがあった場合に、拡張子が
非表示になっているとnihon.txt と表示され、単なるテキストファイルだと思い
実行してしまい被害にあうことが考えられます。

下記サイトで、OS別に拡張子の表示方法などを確認することができます。
http://ccfa.info/



▼(3) 五月病対策VAVI

五月病は4月に進学した学生や入社・異動した社会人に、ゴールデンウイーク
明け頃になると現われる精神的な不安定状態の総称です。環境の変化に適応
できないことに起因する症状といわれますが、なんとかうまくコントロールして
乗り切ってほしいものです。

http://www.medamicus.com/


 
HOME > インフォメーション > 助成金情報 > 助成金メールマガジン 2013.5.1