インフォメーション
サービス案内 事務所概要 所員紹介 インフォメーション よくある質問Q&A お問い合わせ
HOME > インフォメーション > 助成金情報 > 助成金メールマガジン 2013.5.15

助成金メールマガジン 2013.5.15

2013年5月15日


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

    助成金メールマガジン    2013.5.15  月2回配信

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

お世話様になります。
阿久津公一税理士事務所 です。
http://www.akutsuzeimu.jp/


今回は以下のような情報をお届けします。

――――目次―――――――――――――――――――――――――――

■ 雇用助成金情報
A-1 事業所内保育施設設置・運営等支援助成金
A-2 子育て期短時間勤務支援助成金
 ■ 財団法人助成金情報
B-1 自然環境保全活動への助成
B-2 社会福祉事業への助成

■ 経営お役立ち情報
C-1 海外展示会の上手な活用方法や展示のポイント
C-2 BOPビジネス
C-3 中小企業白書(2013年版)
 ■ IT関連情報
(1) インターネットの閲覧履歴を消去するには
(2) パスワードは簡単に破られてしまう
(3) パソコン・スマホでラジオが聴ける

―――――――――――――――――――――――――――――――――

助成金は融資とは異なり、返済不要のお金をもらうことができますから上手に
利用しましょう。「雇用助成金」は支給条件に合致すれば受給できるもので、
社会保険労務士が申請代行をしています。
「財団法人助成金」は、ボランティア活動や社会福祉活動をしている団体
(NPO)等に支給され、財団の審査に合格した場合に受給できます。



―――――――――――――――――――――――――――――――――
A-1 事業所内保育施設設置・運営等支援助成金
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要
労働者のための保育施設を事業所内あるいは、労働者の通勤経路又はその
近接地域に設置、増築等を行う事業主(事業主団体)がその費用の一部を
受給できます。保育遊具等購入費用の一部についても受給できます。


▼受給額
① 設置費用×2/3   限度額2300万円
② 保育遊具等購入費-10万円  限度額40万円
③ 運営費(通常型) 379.2万円~699.6万円
他にも増築や建替え、運営するタイプに応じて金額が決められています。


▼主な受給要件
① 雇用保険の適用事業主または事業主団体であること
②「育児・介護休業法」を遵守した労働協約又は就業規則を定め実施して
いること
③「次世代育成支援対策推進法」に基づく一般事業主行動計画を作成・公表
していること


▼問合せ先
「都道府県労働局」
http://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shozaiannai/roudoukyoku/index.html


▼詳細説明サイト(PDF)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/ryouritsu01/dl/02_jimusyo.pdf
 

―――――――――――――――――――――――――――――――――
A-2 子育て期短時間勤務支援助成金
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要
小学校就学前までの子を養育する労働者が利用できる短時間勤務制度を、
労働協約または就業規則に規定し、労働者がこれらの制度を連続して6か月
以上利用した場合に、事業主が受給できます。


▼受給額
(1人目)
労働者数100人以下 → 40万円
労働者数101人以上 → 30万円


(2人目以後)
労働者数100人以下 → 15万円 (5人まで)
労働者数101人以上 → 10万円 (10人まで)

 
▼主な受給要件
① 雇用保険の適用事業主であること。
② 短時間勤務を労働協約又は就業規則に定め、実施していること
③ 小学校3年生以下の子を養育する労働者に、短時間勤務制度を連続6ヶ月
以上利用させたこと。


▼短時間勤務制度
① 1日の所定労働時間を短縮する制度
② 週又は月の所定労働時間を短縮する制度
③ 週又は月の所定労働日数を短縮する制度


▼問合せ先
「都道府県労働局」
http://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shozaiannai/roudoukyoku/index.html
 
▼詳細説明サイト(PDF)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/ryouritsu01/dl/ryoritsushien_pamphlet02.pdf



―――――――――――――――――――――――――――――――――
B-1 自然環境保全活動への助成
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要
都市及びその周辺の日常生活圏における自然環境の保全や環境緑化活動を
行う団体等に助成します。


▼受給額
総額700万円程度
 
▼受給具体例
① 里山保全及び普及活動
② 青少年対象の自然環境保護教育
③ 老樹名木追加調査とシンポジウム
④ 松枯れ病調査対策
⑤ サンゴ礁再生プロジェクト


▼対象事業
① 樹木や草花などの植樹活動
② 自然環境の保全活動
③ 自然環境の保全に資する調査・研究
④ 自然環境の保全に資する啓発活動


▼問合せ先(5月中旬以後にサイトが更新されます)
「財団法人日野自動車グリーンファンド」 http://www.hino-global.com/j/csr/greenfund/greenfund_index.html



―――――――――――――――――――――――――――――――――
B-2 社会福祉事業への助成
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要 障害者の施設を運営し、社会的自立支援を図る民間社会福祉法人及びこれに
密接に関連する福祉団体に対し各種の助成を行います。


▼受給額
1団体 100万円以上700万円以内
総額2億2千万円

 ▼対象事業
① 施設関係の建設工事・設備工事(増改修を含む)
② 施設関係の機器類・車輌の購入
③ 関連団体の行う調査・研究・研修・出版の事業


▼受給具体例
① ケアホーム改修 ② ワゴン車購入
③ 浴室・休憩室・更衣室他改修
④ ビニールハウス
⑤ 印刷機器


▼問合せ先
「社会福祉法人清水基金」
http://www1a.biglobe.ne.jp/s-kikin/



―――――――――――――――――――――――――――――――――
C-1 海外展示会の上手な活用方法や展示のポイント
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要
新しい製品(商品)や技術を開発した際に、消費者やバイヤーの反応を確認
する手法として、国内展示会に出展し、会場で直接確認することがあります。
海外に販路開拓する場合でも基本は同じで、自社の製品(商品)の特徴など
を積極的にPRして今後の商談につなげるために、海外展示会に参加すること
も有効な手段です。
中小機構が運営する情報サイト「中小企業国際化支援レポート」では、海外
展示会の上手な活用方法や展示のポイントなどを詳しく解説しています。


▼問合せ先・詳細
「中小機構 中小企業国際化支援レポート」
http://www.smrj.go.jp/keiei/kokurepo/exhibition/index.html



―――――――――――――――――――――――――――――――――
C-2 BOPビジネス
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要
BOPとは、Base of the Economic Pyramid の略で、途上国の購買力が
比較的低い階層を意味します。
近年、この貧困層を巨大な消費市場として捉え、そこでビジネスを展開する
ことにより、社会的課題の解決も図ろうとする考え方が注目されています。
企業が開発援助機関やNGO(非政府組織)などと連携し、現地のニーズに
合わせた商品を、現地住民をビジネスに巻き込みながら販売します。
欧米ではBOPビジネスが活発化しており、日本でも経済産業省が後押しする
動きが出てきました。


▼問合せ先・詳細
「BOPビジネス支援センター」(経済産業省)
http://www.bop.go.jp/



―――――――――――――――――――――――――――――――――
C-3 中小企業白書(2013年版)
―――――――――――――――――――――――――――――――――
▼概要(平成25年度において講じようとする中小企業施策)

第1章 中小企業・小規模事業者に対するきめ細かい対応
  第1節 経営支援体制の強化
  第2節 人材雇用対策
  第3節 海外展開の支援
  第4節 技術力の強化
  第5節 資金繰り支援
  第6節 女性の起業・創業、若者の起業・創業、転業・新事業展開の支援
  第7節 商店街・中心市街地の活性化対策
  第8節 審議会等における政策の検討等

第2章 中小企業・小規模事業者の下支えとなる支援
  第1節 財務基盤の強化
  第2節 下請取引の適正化/下請中小企業の振興
  第3節 官公需対策
  第4節 経営安定対策
  第5節 事業再生・事業承継への対応

第3章 東日本大震災に係る中小企業対策   第1節 資金繰り対策
  第2節 二重債務問題対策
  第3節 工場・商店街等の復旧への支援
  第4節 経営支援・広報相談体制の強化
  第5節 その他の対策

第4章 業種別中小企業対策
  第1節 中小農林水産関連企業対策
  第2節 中小運輸業対策
  第3節 中小建設・不動産業対策
  第4節 生活衛生関係営業対策

第5章 その他の中小企業対策
  第1節 環境・エネルギー対策
  第2節 IT化の促進
  第3節 知的財産対策
  第4節 人権啓発の推進
  第5節 調査・広報の推進


▼詳細
「中小企業庁」
http://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/130426hakusyo.html



―――――――――――――――――――――――――――――――――
IT関連情報
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼(1) インターネットの閲覧履歴を消去するには

インターネットの閲覧履歴はしっかりと残っています。履歴を表示するには、
インターネットエクスプローラのメニューから、 表示 → エクスローラバー
→ 履歴 で表示されます。
この機能が便利な時もありますしそうでないときもありますので、人に見られ
たくない履歴は消去しておきましょう。


① 個別消去
閲覧履歴に表示された項目を右クリックして削除

② 一括消去
インターネットエクスプローラ起動 → ツール → インターネット
オプション → 閲覧の履歴の削除ボタン

③ グーグルの検索履歴消去
http://www.google.com/support/websearch/bin/answer.py?hl=jp&answer=465



▼(2) パスワードは簡単に破られてしまう

情報を保護する上でパスワードの設定は有効であることには間違いありませんが、
100%安全というわけではありません。実はパスワードを忘れたときに、その
パスワードを見えるように解析する便利なソフトが存在します。これを使うと、
●●●のような隠し文字のパスワードは簡単に分かってしまいます。
個人使用のパソコンであればそれほど問題にはならないと思いますが、複数の
人が使うパソコンで、重要なファイルを取り扱う場合は細心の注意が必要です。

これらのソフトを悪意をもって使う人はあまりいないと思いますが、世の中に
こういうソフトが出回っている以上、パスワードを付けたから安心という意識は
捨てて情報管理をする必要があると思います。

「パスワード 解析」で検索すると有料・無料のソフトがヒットします。



▼(3) パソコン・スマホでラジオが聴ける

このサービスは、地上波ラジオをほぼ同時に放送エリアに準じた地域に配信
しているものです。
2010年12月、在京・在阪民間放送局と電通の計14社で「株式会社radiko」
を設立し、現在37都道府県を対象に各地の民放ラジオ99局のうち66局が
配信を行っています。

http://radiko.jp/


 
HOME > インフォメーション > 助成金情報 > 助成金メールマガジン 2013.5.15