インフォメーション
サービス案内 事務所概要 所員紹介 インフォメーション よくある質問Q&A お問い合わせ
HOME > インフォメーション > 助成金情報 > 助成金メールマガジン 2013.7.1

助成金メールマガジン 2013.7.1

2013年7月 1日


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

    助成金メールマガジン     2013.7.1   月2回配信

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

お世話様になります。
阿久津公一税理士事務所 です。
http://www.akutsuzeimu.jp/


今回は以下のような情報をお届けします。

――――目次―――――――――――――――――――――――――――

■ 雇用助成金情報
A-1 障害者トライアル雇用奨励金
A-2 中小企業退職金共済制度に係る掛金助成

■ 財団法人助成金情報
B-1 社会的・文化的諸活動助成
B-2 パナソニック NPOサポート ファンド

■ 経営お役立ち情報
C-1 無料! 節電診断・省エネ診断・講師派遣
C-2 営業秘密管理(技術情報流出リスクと対策)
C-3 サプライヤー中小企業の競争力を高める中小企業連携

■ IT関連情報
D-1 サービスパックとは?
D-2 ソフトの「削除」と「契約終了」は別物です
D-3 復興デパートメント

―――――――――――――――――――――――――――――――――

助成金は融資とは異なり、返済不要のお金をもらうことができますから上手に
利用しましょう。「雇用助成金」は支給条件に合致すれば受給できるもので、
社会保険労務士が申請代行をしています。
「財団法人助成金」は、ボランティア活動や社会福祉活動をしている団体
(NPO)等に支給され、財団の審査に合格した場合に受給できます。



―――――――――――――――――――――――――――――――――
A-1 障害者トライアル雇用奨励金
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要
障害者の雇入れ経験がない事業主等が、就職が困難な障害者を、ハローワークの
紹介により、一定期間試行雇用を行う場合に受給できます。

 ▼受給額(中小企業の場合)
トライアル雇用対象者人数×4万円/月  (限度 3ヶ月)


▼主な受給要件
(1) 雇用保険の適用事業の事業主である。
(2) ハローワークの紹介でトライアル雇用対象者を試行雇用すること。
(3) 現在障害者を雇用していないこと

 ▼問合せ先
「ハローワーク」
http://www.mhlw.go.jp/kyujin/hwmap.html


▼詳細説明サイト
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/shougai_trial.html



―――――――――――――――――――――――――――――――――
A-2 中小企業退職金共済制度に係る掛金助成
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要
新たに中小企業退職金共済制度に加入する、あるいは掛金を増額する事業主
が受給できます。


▼受給額
(1) 新規加入の場合
掛金月額×1/2(上限1人5千円、助成期間1年間) 

(2) 掛金を増額する場合
増額分×1/3(2万円以上の掛金月額からの増額は対象外、助成期間1年間)


▼問合せ先
「独立行政法人勤労者退職金共済機構」
http://chutaikyo.taisyokukin.go.jp/


▼詳細説明サイト
http://www2.mhlw.go.jp/topics/seido/etc/antei/index11.htm



―――――――――――――――――――――――――――――――――
B-1 社会的・文化的諸活動助成 ―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要
情報通信を通じて社会や教育等に貢献する各種の非営利団体(NPO)非政府
組織(NGO)の活動、「草の根」活動に助成します。


▼受給額
1件100万円を限度


▼受給具体例
(1) 僻地農村の子どもへのコンピューター&インターネット技術の普及活動
(2) 社会福祉法人いのちの電話 インターネット相談
(3) 情報弱者である外国人のためのデジタルデバイド解消のための情報提供
(4) 現代日本文学on-line掲載プロジェクト (5) インターネットを活用した子育て及び障害者福祉に係る情報収集、提供、
交流支援事業


▼問合せ先
「KDDI財団」
http://www.kddi-foundation.or.jp/


▼詳細説明サイト
http://www.kddi-foundation.or.jp/support/index.html



―――――――――――――――――――――――――――――――――
B-2 パナソニック NPOサポート ファンド
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要
「社会課題の解決促進に向けて、国内で先進的な取り組みを展開するNPOや、
新興国・途上国で活動するNGOが、第三者の多様で客観的な視点を取り入れ
て実施する組織基盤強化の取り組みを応援します。


▼受給額
上限200万円


▼受給具体例(こども分野)
(1) 障害児とプール・ボランティアのステップアップ体制強化
(2) クリニクラウン(臨床道化師)従事者のスキルアップ研修
(3) 小児がん相談ワーカー養成
(4) フリースクールの職員・ボランティアのスキルアップ
(5) 子ども自然学校(タナゴ塾)作り


▼受給具体例(環境分野)
(1) エコツーリズムの実施基盤の整備
(2) 森の知恵と技術のデータベース構築
(3) 生ごみ資源化プロジェクトの事業体制強化
(4) 農育と食育の体験型事業の推進
(5) 環境保全型農産物の通信販売支援


▼問合せ先・詳細
「パナソニックNPOサポートファンド」
http://panasonic.co.jp/citizenship/pnsf/npo_summary.html



―――――――――――――――――――――――――――――――――
C-1 無料! 節電診断・省エネ診断・講師派遣
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要

① 節電診断
契約電力50kW以上の高圧電力または特別高圧電力契約者の工場・ビル等の 施設が対象ですが、エネルギー管理指定工場は対象外です。
ただし、中小企業は、エネルギー管理指定工場であっても対象となります。

② 省エネ診断
電力だけではなく、燃料や熱など「エネルギー全般」について幅広く診断します。
年間のエネルギー使用量(原油換算値)が、100kL~1,500kLの未満の工場・
ビル等が対象ですが、該当しない場合もお気軽にご相談下さい。

③ 省エネ説明会への講師派遣
地方自治体や公的な組織、民間の業界団体、協会および協議会などが無料で
開催する「省エネ説明会」に、講師を派遣します。


「一般財団法人 省エネルギーセンター」
http://www.shindan-net.jp/



―――――――――――――――――――――――――――――――――
C-2 営業秘密管理(技術情報流出リスクと対策)
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要

研究開発や営業活動によって得た独自技術やノウハウは、魅力的な製品やサー
ビスを生み、競争力の源となる非常に重要な資産です。しかし、技術やノウハウ
を持った人材の国境を越えた流動化、IT技術による大量データの持ち出しが可能
になったこと等から、国内外への技術情報流出のリスクが高まっています。
対策のポイントとしては、経済産業省が策定した「営業秘密管理指針」に基づいた
管理を実行することで、流出予防にもなり、流出時の法的保護を受けられる
可能性が高まります。


▼詳細
「経済産業省」
http://www.meti.go.jp/policy/economy/chizai/chiteki/trade-secret.html



―――――――――――――――――――――――――――――――――
C-3 サプライヤー中小企業の競争力を高める中小企業連携
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要
大手企業が生産拠点を海外移転するなど、サプライヤー中小企業(下請中小
企業)にとって厳しい状況があります。また多くのサプライヤー中小企業(下
請中小企業)は、深い技術を有しているものの、事業範囲が限られており、
1社単独で顧客の需要に対応した商品・サービスの提案を行って取引を獲得
することが難しい状況にあります。
しかし、複数のサプライヤー中小企業(下請中小企業)が連携し、互いに経営
資源を有効に活用して、自ら企画・提案力等を向上させ、顧客ニーズに適確
に応える課題解決型ビジネスに取組むことにより、新たな取引を獲得している
事例があります。


▼詳細
「経済産業省」
http://www.meti.go.jp/press/2013/06/20130614002/20130614002.html



―――――――――――――――――――――――――――――――――
D-1 サービスパックとは?
―――――――――――――――――――――――――――――――――
 ソフトウェアは発売後にも不具合が発見されるものですが、マイクロソフト社では その修正プログラムがある程度まとまったところで、サービスパックとして提供 しています。セキュリティ対策上、よほどの事情がない限りは最新版に更新
しておくことをお勧めします。
サービスパックはすべて無料で提供されています。


Windowsのサービスパック最新ヴァージョン
Windows 7 SP1 Windows Vista SP2
Windows XP SP3


「サービスパックヴァージョンの確認方法」
http://www.commufa.jp/service/preparation/spec/windows-sp.html


「サービスパックの入手・インストール方法」
http://support.microsoft.com/kb/953162/ja

 
―――――――――――――――――――――――――――――――――
D-2 ソフトの「削除」と「契約終了」は別物です
―――――――――――――――――――――――――――――――――
Web上でソフトウエアを購入し、ダウンロードして使用する形式のソフトには、
自動的に更新を行うものがあります。継続的にアップデートが必要なウイルス
対策ソフト等に見られ、近年、増えつつあるようです。

これらのソフトは、利用期限ごとに契約し直す手間がなく、オンラインで最新状態
が保たれるなどのメリットがあります。しかし、特にカードで購入した場合に、
継続する意思がないのに、自動更新されていたというケースがあります。

使用しているパソコンからソフトを削除しても、契約を終了させなければ、使って いないソフトの費用の請求が続くことになります。特に古いパソコンを処分する
前には、使用しないソフトの解約手続や、次に使うパソコンへの移行処理を忘れ
ないように注意しましょう。



―――――――――――――――――――――――――――――――――
D-3 復興デパートメント
―――――――――――――――――――――――――――――――――

お中元の季節になってきました。各地のデパートでも商戦が活発ですが、
「復興デパートメント」の中にもお中元に使えるものがありますので、一度
ご覧になってみてはいかがですか?

http://fukko-department.jp/


HOME > インフォメーション > 助成金情報 > 助成金メールマガジン 2013.7.1