所員ブログ
サービス案内 事務所概要 所員紹介 インフォメーション よくある質問Q&A お問い合わせ
HOME > 所員ブログ > 2010年10月のブログ記事一覧

所員ブログ

観察日記

観察したものは。。。"しいたけ"
今まで色々育てた中で、こんな簡単でこんな楽しいものはない!!
って、感じです。
あっ、今までたいしたものは育ててないけどっ。
実が大きくならなかったイチゴとか、
大きくなる前に食べてしまったスイカとか。


パンフレットには興味をそそられる内容が書かれてありました↓↓

 11.jpg

...続きを読む

昨日はドラフト会議

昨日は夕方4時30分から有休頂いてプロ野球ドラフト会議中継に見入ってました。
所員の皆さんにもご迷惑お掛けしましたが今日で有休も終わり通常通りなのでまた今日も一日頑張りましょう。

昨日のドラフト会議で我が巨人軍は相思相愛といわれた沢村拓一選手を見事に獲得しました。
1位から育成選手まで巨人ファンとしてはおそらく満点のドラフトだったのではないでしょうか。
(入団してから活躍するかどうかは別にして)

今年のドラフトは大豊作と言われた割にはBIG4に指名が集中した感があります。
大石達也(早稲田大)6球団競合
斎藤佑樹(早稲田大)4球団競合
沢村拓一(中央大) 単独指名
大野雄大(佛教大) 単独指名
沢村選手は当初3球団の競合が予想されていましたが、蓋を開けてみれば相思相愛の巨人からの指名のみ。
斎藤選手には当初2球団と思われていたのが4球団と、本当に俄か予想は中てになりません。
沢村選手の場合はドラフト前に関係者を通じて強烈な巨人志望がスポーツ紙に取上げられました。
(本人が直接希望球団を言うことは学生何とかで確か禁止されているのだと思いました)
対して斎藤選手の場合、噂では子供の頃からの巨人ファンらしいのですが、希望球団を匂わせる事もなくドラフト当日を迎えます。

その結果入札数は斎藤4に対して沢村1。
果たしてこの入札数の差は実力人気を加味した上でのプロ側の純粋な評価なのか、それとも沢村サイドの交渉の難易度を加味した上での入札数の差なのか、真の評価はわかりませんが、もし斎藤選手が沢村選手と同じように何らかの方法で巨人志望を伝えていたら巨人の指名も斎藤選手だったかもわかりません。
巨人軍球団代表清武氏の発言では巨人を強く志望してくれる事が指名に影響することを認めています。
(結構巨人というチームは情が入るチームカラーです。そこがまた私の好きなところでもあります)
いずれにしても自分の希望を強く打ち出し巨人の単独氏名を勝ち取った沢村選手と希望は一切打ち出さずクジに自分の人生の選択を委ねた斎藤選手。
両者が今後どのような活躍を見せるのか興味が尽きません。
そうした中、沢村選手にあってはドラフト当日の舞台が人生最高の舞台だったとならないように気を引き締めて野球に精進してもらいたいと思います。

...続きを読む

一年で一番楽しみな日

今日10月28日は私が一年のうちで一番楽しみにしている日です。
何かの記念日?かって いやいや違います。

実は今日はプロ野球新人選択会議(ドラフト会議)の日なのです。
応援する球団(巨人)がどの選手を指名するか毎年楽しみでなりません。
ドラフト会議が終わった翌日から来年はどの選手を指名すべきか情報収集が始まります。
私の数少ない趣味がプロ野球観戦なのですが、実は野球観戦よりこのドラフト会議の方がより楽しみなのです。

ドラフトに興味を持ち始めたのは小学校3年か4年の頃だったと思います。
中学に入学する頃になると完全にドラフト狂になっていて、ドラフトの翌日にはスポーツ新聞全6紙を買い漁り隅から隅まで読破するのが何よりの楽しみでした。
当時は今のようにネットもテレビ放送(←ドラフトの)も無かったので新聞だけが唯一の情報源だったのですね。
興味持ち始めてからかれこれ40年になりますが今だにドラフト狂の熱冷めず、土日休みもない年中無休仕事人間の私でもドラフト会議当日だけは有休です。(笑)

今年から開催時間が夕方の5時からになったので見やすくなりましたね。
会社の営業マン時代は用もないのに車で外出して道端に車止めてラジオ放送に聞き入ってたなと昔を思い出します。
今は携帯でも速報流してるし便利な世の中になったものです。
さてそんなわけで本日は16時30分から有休取らさせて頂きます。
事務所のテレビでないとCS入っていないので勤務中にテレビ見ちゃうけど所員の皆さんごめんなさい。
今日だけは特別なので大目に見てやって下さいな。

...続きを読む

奇祭 御柱

10月の休みに私の実家がある諏訪に帰り、御柱に参加してきました。


御柱って何?
という声がちらほら聞こえてきましたので解説を。

御柱際 -wikipediaより-
御柱とは長野県諏訪地方で行われる祭である。諏訪大社における最大の行事である。
(中略)
また大社での開催年を中心に、全国の諏訪神社や関連神社(通称:小宮)でも同様の祭(小宮祭)が実施される。
※詳しくはリンクをご参照下さい

どんな祭りかと言うと、木を切って、木を削って、木に縄を着けて、木を引っ張って、木を立てるというお祭りです。
(奇祭のにおいがぷんぷんしてきますね。)


私が参加したのは、秋葉神社というところの小宮祭です。
写真を交えてレポートをします。

これが噂の御柱の木です。
01.P1010026.jpg

 

木に太い縄をつけ、さらにそこから紐をつけ町内のみなさんで引っ張ります。

...続きを読む

新メンバー

おはようございます。MAS事業部の高野です。

だんだん寒くなってきて、今年は何色のコートを買おうか迷いますね・・・
あっ、そんな話はどうでもいいですか!?笑


そういえば、私の家に新メンバーが入りました。
結婚をしたとか、同棲を始めたワケではありません。
もうお分かりの方もいらっしゃいますね。

そう、ペットを飼った♪

実は、そういうワケでもないのです。

そんなにもったいぶっても誰も得をしないので、
そろそろ本当のことを打ち明けましょう。


苦節4年・・・
私はようやくテレビを買いました。
大学時代に引越した時にテレビを置き忘れたので、
4年間テレビ無しの生活だったのです。

そんなこともあって、この新メンバーの納品時は感動の一瞬でした。

...続きを読む

柿税会

今日の朝は寒いですね。もう今日から冬物スーツに衣替えです。
衣替えで一番気になったのが太ってしまったので果たして着れるのかという心配です。
昨日も関与先の奥さんから「阿久津さんお腹まずいんじゃない?」の一言が。。。

冬はスラックスの下にタイツを履く(肌がアレルギーなのでタイツ履かないと冬物着れないのです)ので尚更ウエストがきつくなります。
昨年の冬も相当キツキツだったので無理だろうなと思いつつ恐る恐る足を通してみるとピチピチなれど何とか着れました!!
チョット動きづらいけど背に腹は変えられないので我慢しましょう。

さてこれからは昨日の続きです。
民主党との朝飯懇談会終了後、仲間と別れてある場所に行って見ました。
一昨日のブログにも書いた売却した瓢亭さんの旧店舗どうなっているか確認する為です。
既に取り壊されているかもしれないなとか思いながら現地に到着すると、ありましたありました。
売却する前の状態で外壁なんかも綺麗になっているような気がします。

hyoutei_20101027.jpg

購入された方が大切に管理して頂いている証なのだろうと思います。
これからどう使われるのか定かではありませんが、このまま残して頂けると私的にはとても嬉しいですね。
安心して何かホッとした気分になったので、直ぐ側の日枝神社にお参りして思い出深い永田町を後にします。
(瓢亭さんが移転する前には、毎年12月31日に正月用の重箱を頂に来て、その足で一日早い初詣を日枝神社さんで行うのが開業以来の年中行事でしたが、瓢亭さんの移転以来ご無沙汰しておりました。)

...続きを読む

民主党との朝飯懇談会

昨日の朝は民主党の朝飯懇談会、夜は柿沢未途衆議院議員の柿税会に参加して来ましたのでそのご報告したいと思います。

まず民主党の朝飯懇談会に初めて出席しましたが、開催場所は衆議院第一議員会館の入り口の奥の方にある多目的ホールです。
建直す前の議員会館には何度か足を運んだことがありましたが、建直した後は初めてです。
建直す前は本当に狭くて、汚くてここで日本の政策を決定する権限がある人達(議員さん)が仕事しているのかと幻滅したのを覚えていますが、建直し後は本当に広くて綺麗になっています。
会場の多目的ホールも200名位は余裕で収容できそうな広さです。

議員会館に到着して受付を済ませ会場に入ると座席は自由席です。
机の配置は完全なスクール形式になっていて税理士が生徒側、議員の先生が教壇側?という配置です。
さてさてどこに座ろうか悩みましたが、超新米だし何やるかも解らないのでとりあえず最後尾に着席します。
着席すると机の上にはお弁当が用意されています。
朝飯懇談会だからお弁当用意されてるのは当然なのですが、阿久津うっかり忘れて自宅で朝食済ませてきてしまいました。
となりで食されているお弁当の中身を見ると朝から鰻が入っている。

弁当_20101026.jpg

これを食するのは最近太りを気にしている私には無理だ!と思い結局食べずにお返ししました。
(何かもったいないけど持ち帰るのもねえ)

参加者は税理士側は150名弱はいたのではないかと思います。
議員さんを囲んで和気藹々と意見交換するのかなと思っていましたがそんな雰囲気ではありません。

...続きを読む

朝食懇談会

今日は朝早くから晩まで外を駆けずり回りの一日になりそうです。
江東西税政連の関係で朝の8時30分から民主党議員との朝食懇談会なるものに初めて参加する予定です。
場所は国会議事堂の裏手にある衆議院第一議員会館で行われます。
都選出の国会議員の先生と朝食を食べながら懇談するのだろうと思いますが、何せ初めてなもので勝手が全然解らない。
一つ解っていることは議員会館への入館にはセキュリティの関係で通行証が必要なので集合時間に遅れると中に入れません。
遅刻は絶対に許されないので早く出発しなければならないですね。

永田町と言えば昔が懐かしく思い出されます。(昔と言っても最終的な決着はつい1年半程前の事ですが)
衆議院議員会館の裏に永田町瓢亭さんという80年以上続いた老舗料亭がありました。
私が会計事務所に入所して最初の仕事が瓢亭さんの現社長の祖母さんの相続税申告でした。
相続税の申告も権利関係が複雑で土地の評価含め難しかったのですが、それ以上に難しかったのが、国(衆議院)、地方公共団体(東京都)、金融機関(某大手メガバンク)、税務署の4つの権力のそれぞれの事情と、当事者の意地と人間関係が複雑に絡み合って動くに動けず、この膠着状態をどのようにして打破するかでした。
詳細な事は書けませんが、最終的な決着が付くまで日々綱渡りの連続で、何時その綱が切れてもおかしくない状況でした。
そのような厳しい現実を何とか凌ぎに凌いで現在は池尻に移転して平穏な日々を取り戻されていますが、当時の様々な事を回想はじめるととても何日かかっても語り尽くせないそこにはドラマがありました。

最初の係わりから既に13年の月日が経過していますが、その係わりの中で瓢亭さんと一緒に様々な諸問題の解決に取組んできた事が、私の税理士としての成長の軌跡であると思っています。
瓢亭さんとの係わりは私の中では他の関与先とは違う特別な思いが存在しています。
瓢亭の先代高橋博社長と出会う事がなければ、税理士阿久津公一は存在していなかったかもしれません。

...続きを読む

セミナー三昧4

10月19日は毎月恒例のインターフェイス樋口社長主催の経営支援倶楽部です。
今回の会場は池袋のアットビジネスセンターなのですが、今月は本館ではなく別館開催で、皆さんいつもの本館だと勘違いして慌てて到着された方が多かったようです。
経営支援倶楽部も当初に比べると参加者の数がだいぶ増えたように感じますが、気のせいカナ。
阿久津事務所も今回福島所員を除く5名(一人は必ず留守番で残ってもらいます。今月は福島所員が当番でした)で参加したので、私の事務所同様多人数参加事務所が増えているのも大きな要因だと思います。
経営支援倶楽部の最大の魅力は事務所会費制なので事務所から何名参加しても料金変わらないのです。
(会費は最有効活用しないとね)
私が経営サポート以外の所員を経営支援倶楽部に連れて行くには理由があります。

①MAS事業部と税務会計部の垣根を作らない。
(同じ事務所内で何やっているか解らないという事では、事務所の一体感もでませんし不平不満、不公平を感じることも多くなると思うので、そのようなことを感じない為の予防線)
②税務会計にだけ携わっていると、発想がコチコチに固まってしまう傾向があるので日常業務とは少し違う刺激を与えることによって頭を少し柔らかくしてもらおう。
他の事務所の所員の方々と意見交換、交流することもとても良い刺激になると思います。
③同じ研修を皆で一緒に受けることによって情報共有とそれに対する意見交換でモチベーションアップと事務所の一体感を作り出す効果(研修終了後は必ず近くの喫茶店で今日の研修の反省会をやることにしています)
④税務会計担当者のスキルアップ(関与先に訪問した際に社長と経営の話が出来るかどうかは税務会計担当者の能力向上に大きな影響を与えます)
他にも色々な効果効用あると思っていますが、今日のところはここまでに。

...続きを読む

セミナー三昧3

18日の月曜日は夕方から江東信用組合洲崎支店さんでセミナー兼懇親会でした。
江東信用組合さんは名前の通り江東区中心の超地域密着金融なのです。
担当者曰く「うちは日本が沈んでも江東区が浮いていればいいんです」(←こんなことありえないですけどね)と言う位の江東区命の最近では珍しい金融機関だと思います。
その江東信用さんには江信会という親睦会があって年に数回このような研修会と懇親会がセットの会合が開かれると聞いて今回初めて参加させて頂きました。

研修会でお話されたのが耐熱カメラの製造をされている株式会社セキュリティジャパンさんでした。
耐熱カメラと言われても余りピンと来ませんが、1400℃の熱にも耐えられるカメラなのだそうです。
どのような場所で使われているかと言うと、鉄鋼の溶鉱炉内に挿入して中を監視する為に利用されているのだそうです。
従って工業炉を持つ国内基幹産業の大半がユーザーさんだそうです。
炉内挿入型のカメラは世界唯一の商品だそうでそれらを製造している耐熱カメラ専業メーカーさんなのです。
(勿論特許持たれています)
お話聞いていて世界で唯一の製品を作られている会社が我が江東区にもあるんだと思い凄く嬉しい気持ちになり
ました。
社長のお話では大変江東区に思い入れがおありのようで、江東区民としては心強い限りです。
今後益々のご活躍をお祈りいたします。

今回このようなお話をお聞きすると、このセキュリティジャパンさんのような高い技術力を持つ中小企業さんが日本の地域社会の中に無尽蔵に眠っているように思えてなりません。
よくテレビなどで紹介される話ですが、日本の中小企業の技術力は凄いものがあるのに、経営管理力が製品技術力に追いついていないことで、折角の技術力を社会に広める機会を損なっているケースが非常に多いのではないかと思います。
中小企業の発展にとって経営管理力の強化がいかに必要か痛感させられる研修会でした。
私の事務所でも昨年から経営管理の仕組作りのお手伝いするMASという経営サポートサービスの普及に取組んでいますが、取組むことの意義を再認識させられ普及活動に今後一段と力を込めなければと思った次第です。

...続きを読む

セミナー三昧2

16日の土曜日は毎週恒例の倫理法人会さんの6時30分から始まるモーニングセミナーです。
2週程前から高野所員と一緒に参加していましたが、本日は高野所員お休みです。
何故お休みかって?
それは「寝坊♪寝坊♪」でございます。
(まあ若いし人間らしくて良いでしょう)

本日の講師はSBL株式会社代表取締役の沼田功氏です。
沼田さんは東大文学部卒業(優秀なんですね)後、大和証券に入社しITベンチャー企業の株式公開を数多く手がけられた実績をお持ちです。
ライブドアの公開も担当されたそうです。
現在は中国に進出を希望する企業へのコンサルタントを中心に活動されている沼田さんの講話テーマは
「ライブドアを通して見えた中国経済」
講話の始めの挨拶で倫理法人会の朝の様子にカルチャーショックを受けたとお話されていましたが、私も沼田さんの講話にカルチャーショックを受けました。

何にカルチャーショックを受けたかと言うと「自分の志を伝えることによって中国人は動いてくれる」というお話です。
中国は情(60%)→理(30%)→法(10%)だそうで、中国に進出する企業で上手くいかない最大の理由はこの情理を理解できず法(10%)を重要視し過ぎるのが大きな原因の一つのようです。
この情(60%)に訴えかけるのが「志を伝える」ということだそうですが、私の今までの中国観とあまりにかけ離れていましたが、沼田さんのお話を聞いていて中国に対する認識を新たにした次第です。

...続きを読む

セミナー三昧

先週15日の金曜から今週19日の火曜まで種々のセミナーに参加してきました。
今日はそのご報告したいと思います。

10月15日は税理士事務所向けに様々なビジネスモデルのノウハウを紹介するセミナーでした。主催は船井総合研究所で中小企業向けのコンサルティング会社としては草分け的存在です。

当日会場に入るとセミナー受講料31,500円にも係らず会場内超満員でビックリ。しかも日本全国から集まっていらっしゃいます。

私と同じグループになられた方は全員で5名いらっしゃいましたが、東京の方は私含めて3名で後は静岡県の清水の方と愛媛県の松山の方でした。
私の事務所のセミナーでもそうですが、セミナー開催の最難関門は何と言っても集客です。
セミナーが始まり話を聞くと案内を出したら直ぐに申込が一杯になり別の日にも開催するとの事。
凄いというか羨ましいですね。
やはり顧客ニーズに合わせたセミナーを開催すれば集客に困ることは無いのだと実感させられました。
今回のセミナーの盛況を見ても税理士事務所がいかに新規顧客獲得に窮しているかが伺われます。
(関与先の倒産、廃業、顧問料の値下げ圧力等で会計事務所経営も楽ではありません。人を多く抱えている事務所であればあるほど大変だと思います)

さて、セミナーの中では
① 会社設立顧問契約獲得モデル
② 法人決算獲得モデル
③ 低価格顧問獲得モデル
④ 記帳代行獲得モデル
4つのビジネスモデルが紹介されていて、いずれも集客手段はホームページかDMです。
実際に法人決算獲得モデルを実施されている事務所先生のホームページの紹介とそのホームページの10のポイントが紹介されていましたが、反響の来るホームページはこのような視点で作るのかというのが解り目から鱗が落ちる思いです。

...続きを読む

レシピ検索

今日はお料理のお話を...。

2年ほど前からクックパッドというレシピ検索サイトにはまっていて、家にある野菜や、気になる食材をキーワードに入れて、人気のあるレシピを検索しています。
はまりだした頃は毎日毎日『今日も新作で~す♪♪』と言いながら、毎日新しいレシピにチャレンジしては、姫たちにダメ出しされたり、おいしい時はレシピを打ち出した紙に『また作って』の意味でごほうびシールをはってもらったり。

食材の名前だけでなく、『簡単』『すごい』とか『混ぜるだけ』とかキーワードを入れて検索しても、おいしいレシピに出会うことが多く、世の中お料理上手な、そして細かくそのレシピを写真つきで紹介してくれる人がたくさんいるんだなぁと感心します。
(私は、『作って満足』派なので、写真を取ることなど頭になく、姫たちと『おいしいね!これまた作ろう!』と感動して終わりです。)

レシピを投稿した人に対して実際に作った人達が『おいしかったよ!』とレポート(略してレポと呼ばれてます)を返す仕組みなんですが、100レポ以上コメントが寄せられているレシピは間違いなくおいしい!レポの数が、実際に作ってみるかどうかのいい基準です。

今日は我が家で人気の納豆レシピを紹介しますね。

...続きを読む

ダイエット日記2

今日は先週金曜日のダイエット日記の続きです。

さて、ダイアナダイエットの基本は3種類(炭水化物、糖分、アルコール類)の食事制限をしながら体内の脂肪を分解するスープを飲んでダイエットしていくのですが、スープを飲むと聞くと顔をしかめる方もいるのではないかと思います。

ダイエット用のスープと聞くまず不味そうという第一印象がありますよね。
これでチャレンジして断念した方も多いのではないでしょうか。
一緒に始めた知合いもマイクロダイエットのスープを以前に飲んだことがあるそうで、それは不味くて飲めなかったとのことでした。

それではセルディア(ダイアナの商品名)スープの場合はどうか。        
サンプルで飲んだときの感想・・・美味いじゃない。これなら私でも全然大丈夫だ。!!
私、子供の頃給食で出されたクリームスープがなかなか飲めなくて、無理に飲もうとしてもどしてしまったことがあり、それ以来それがトラウマになって、好き嫌いが殆どない私でも恥ずかしながらクリーム系のスープだけはいまだに飲めないのです。
このスープも色と臭いがそんな感じで、恐る恐る口に運ぶと「おっ!いけるいける。」
飲めるじゃないですか。
しかも結構美味しいよ!!
どんな味かを表現すると、牛乳とチーズとこしょうが混合したような味という感じです。
(言葉ではなかなか伝わらないので、興味ある方は是非一度サンプルをお飲みください。)
サンプル飲んだ時は、特にダイエット始めるつもりはありませんでしたが、これなら私にも飲めるなあと言うのが正直な感想でした。

...続きを読む

ダイエット日記1

今日は昨日に続いて過去の挑戦したダイエットのお話です。

はまちサバ生活で62キロまで体重落しましたが、そこで止まってしまってそこから下へは微動だにして体重動きません。
(うーん 別に体調も良くなったし特別問題なかったんだけど何か物足りない)
そうこうしている内に関与先の社長の娘さんがダイアナを始めることになったのでお付き合いと、興味で私もダイエット始めることにしたのです。
ダイアナさんテレビでも宣伝しているのでご存知の方多いですよね。
(中村玉緒さんと東幹久さんが宣伝しています)
ここのダイエットの良いところはプロポーションを整えながらダイエットできることです。
男性は余り気にする必要ないかもしれないけど、女性にしてみればただ痩せればよいというものではありませんよね。

ダイエット始めた時の私の状況
身長163.5cm
体重 62.0kg
基礎代謝 1496kcal
体脂肪 21.5%
内臓脂肪レベル 9

特別大きな問題は何もないと思います。若干の問題としては、多少太り気味、体脂肪が少し高い、内臓脂肪レベルがかなり高いことです。
体年齢を計ったところ42歳という結果でした。
それとチョット栄養不足気味という結果も出ていました。
私の当時の年齢が44歳ですから実年齢よりも体年齢の方が若干若いということですね。

...続きを読む

ドラッカーの説くところ

こんにちは、MAS事業部の高野です。久しぶりにブログに登場です。

都内某所で開催されているドラッカーの勉強会に昨日も参加して来ました。
主に中小企業経営者が集まり、みんなで名著「マネジメント」を読む。
そして、ドラッカーが真に言わんとすることを考えるといった内容です。

ドラッカーを読んだことがある方はご存知かと思いますが、
彼の著書は言葉や言いまわしが非常に難解であるため、
一人で何回読んでも、分かったようで実は分かっていなかったり...
それを解消するため、中小企業経営参謀こと経営コンサルタントの○川氏が
非常に分かりやすい解説を加えてくれ、私たちの理解を助けてくれました。

peter_drucker_2.jpeg

「経営学の神様」や「経営学の父」と称されるドラッカーの説くところは、
マイケル・ポーターの競争戦略やジェイ・バーニーのRBVなどのような
いわゆる経済学を基礎とした体系的な理論は持ち合わせていません。

そもそも...



...続きを読む

最近また太ってきました

昨晩は夜中に目が覚めてしまいそれから寝付かれずに今日は睡眠不足です。
目が覚めた原因はというと
「空腹」でした。
お腹減ると夜眠れなくなりますよね。(←これ私だけかな)

実は最近太り気味で食べる量を減らしているのです。
20~30代の頃は太るなんていうのは全く縁がないと思っていたけど40代に入ってから急にきましたね。
独立するまではサラリーマンの通勤生活だったのが、独立と同時に往復2時間30分の通勤がなくなりそれから一気に太りだしました。
通勤にいかにエネルギーを使っていたかが良くわかります。
60キロ弱から67キロまで体重が増えてスーツは着れなくなるわ、体調は優れないわで、お医者さんで血液検査してもらうと何と言われた事が
「糖尿予備軍です」 ガーーン(ショック)
絶対にかかりたくない病気の筆頭だったのが糖尿病だったのに、その入り口まで来てしまいました。

その後は一念発起して肉好きの食生活を改めしばらくはまちサバ生活。
テレビでダイエットに良いと聞いて毎昼食どこへ行っても回転寿司。
そして最初の注文2皿は必ず
「ハマチとサバください。」
その後は好きな物3皿(大体いつも食べるの決まっていてエビ、えんがわ、かっぱ巻き、たまにエビの変わりに穴子)食べて5皿で終了。

...続きを読む

相続対策

昨日は横浜の関与先の社長と相続対策の打合せに行ってきました。

今は力を入れている分野が経営サポート一色になっていますが、会計業界に入る前は相続対策のコンサルティング会社にいたので、独立当初は相続対策専門で事務所経営出来ないか考えたこともあったのです。
色々試行錯誤の末、地域密着型を選択したので相続対策とはしばらく縁がなかったのですが、ここに来てチラホラとそういう話が舞い込むようになってきました。
面白いもので欲しいな欲しいなと思っている時は話こないのですが、違う分野に力を入れ始めたりそれに対する意識が薄くなってくると不思議と舞い込んできたりします。
(ギラギラとした脂ぎったものがとれるからか、たまたまの巡り会わせか)

最近は相続対策からは離れ気味ですが、昔取った杵柄なので細かい所は鍛え直さないといけませんが、ポイントの押さえ所は勘が働きます。
時代は変わり制度は色々と変化しますが問題の本質は変わりません。

一口に相続対策といっても様々で、大きく分類してみると税金対策、納税対策、分割対策、フロー対策にわけられます。
相続対策と言うと相続税をいかに少なくするかの相続税対策を思い浮かばれる方が多いと思いますが、私が専門でやっていたのは「相続税をどうやって払うの」の納税対策でした。
私が相続対策業務に従事していたのは今から15年前、その当時は相続財産の7~8割が土地で占められていました。
従って対策も土地中心の土地相続対策だったのです。

失敗しない相続対策のコツはこの税金対策と納税対策、分割対策、フロー対策この4要素のバランスを崩さずに対策を実施することだと思っています。
様々な対策を実施して税金は安くなったけど納税出来なくなったではしょうがありません。
最近は様々な情報が浸透してきて無茶な対策をする方は減ったように思いますが、常にこの4要素のバランスを考えた中長期的スパンの対策の実施が大切です。

...続きを読む

3連休の過ごし方

3連休も終わり今日からまた仕事が始まります。
皆さん3連休何されてましたか?
土曜、日曜は天気悪かったですが昨日の月曜は抜けるような青空でした。
お出かけされた方も多かったのではないかと思います。

さてそんな天気の週末私は何をやっていたかというと外出もせずひたすら事務所内で「サーバー内のデータ整理」に追われていました。
データの殆どが私の作成なので、必要不必要の判断を所員の皆には任せられないのでいちいちチェックしなければなりません。
(数が半端じゃないのでこれが大変です。ファイル数合計で11,009ファイル)

簡単に出来るかと思いきやこれがとんでもない。
忘れていたような想い出深いファイルも出てきたりして、遅々として作業が進みません。
大掃除と同じで思い切って捨てないとダメだということにようやく気付き、不要と思われるものやダブりのものはどんどんゴミ箱に。

次に残したファイルをどういう風に仕分けるかでこれも悩む悩む。
関与先ごとかアイテムごとか、これからずうっと使い続けるものなので皆で使い易くする為には最初のフォルダ設計が非常に重要です。
今月のいちげつ会議で大枠のフォルダ振分けは決めていたのですが、そこから下層のフォルダに関しては詳しく決めていなかったもので色々悩みだすときりがありません。

それでもようやく処分するファイル含め大雑把には仕分け出来たので、後は細かなルールを決めて振分けていけば大丈夫でしょう。(ふうー)

...続きを読む

11月のセミナー

昨日のブログで11月の研修予定を書きましたが、正式に確定しましたので再度ご紹介させて頂きます。
案内も出来上がりました!!今日中にもホームページにアップする予定です。

開催日時 11月12日(金曜日)
開催場所 江東信用組合洲崎支店3階会議室
開催時間 17:00~18:30
テーマは「今さら聞けない貸借対照表&キャッシュフロー」

今回は江東信用組合洲崎支店さんの会議室をお借りして開催します。
収容人員MAX20名とおっしゃっていましたので、先着20名様で締め切らせて頂きます。
10月のセミナーは外部講師をお招きして私の登場時間は小一時間だったのですが、今回の講師は私のみ1時間30分お話させて頂きます。
前回はビジネスモデルの作り替えや経営計画を軸にした経営改革の進め方など経営系の内容にしましたが、今回は財務会計にスポットを当てて、財務会計の基礎がわからない方でも理解して頂けるような財務会計初心者の経営者向けのセミナーにする予定です。

まず最初に簿記と会計の仕組についてお話しする予定です。
簿記会計というと仕訳とか専門用語が出て来て聞いただけでアレルギーを起こすという方いらっしゃるのではないかと思うのですが、出来るだけ専門用語は使わず簡単な言葉でその仕組をご説明する予定です。
ここは出来るだけアッサリめに通過するつもりです。

次に貸借対照表の仕組と見方を、これも出来るだけ専門用語は使わず説明していきたいと思います。
決算書を見て経営者の方で損益計算書がわからない方はいらっしゃらないと思いますが、案外この貸借対照表いつも見ている割には、その仕組と見方がわかったようで良くわからないという声をよく耳にします。
また融資を受ける際にも利益と同様に貸借対照表重要が重要な判断材料になります。
金融機関からみた貸借対照表のポイントも合わせてご紹介できればと考えています。

...続きを読む

昨日は事務所セミナー

昨日は阿久津事務所開業以来初の記念すべき第一回セミナーを江東文化センターで開催しました。
当日ご出席頂いた参加者は6名。
(初めてにしては上々だと思っています)
平日午後のお忙しい時間ご出席頂きました皆様には心より感謝申し上げます。
不行届き多々あったかと思いますがなにぶん初めてということでご容赦頂ければと思います。
これから2,3月を除く毎月定期的に開催していく予定にしておりますので、今回に懲りずまたご出席頂ければ幸いです。

昨日のセミナーで一番お伝えしたかった事それは「経営管理の重要性」です。
伝え方がまだまだ未熟なので的確にその価値と重要性を伝える事が出来たかどうか自信はありませんが、中小企業が継続的に成長発展していく為には絶対に避けて通ることの出来ない道だと思います。
「1社でも多くの中小企業の経営を良くしてあげたい」その思いを胸にこれからも愚直に伝え続けます。

昨日のセミナー(後半の私の部)の内容の一部をお伝えすると経営管理とはP(計画)-D(実行)-C(検証)-A(改善)の経営サイクルを社内に仕組として作り上げることに他なりません。
P-D-C-Aの経営サイクルをコツコツコツコツと着実にこなしていく事以外に、安定した強い会社を作る方法はありません。

経営に魔法の杖は存在しないのです。
そして経営管理の仕組を作る最初の一歩が「経営計画」なのです。
経営計画を作成してP-D-C-Aの経営サイクルを回せるようになると会社は劇的に変化していきます。
経営計画と言うと聞いただけで毛嫌いされる方もいらっしゃいますが、5年後の未来を予測しろと言っているのではありません。
5年後自分たちはどうなっていたいかあるべき姿を描きましょうと言っているのです。
そうなる為に今何をすべきなのか考え、取組むべき行動を決めていきましょう。
・・・・と話は続いていきます。
阿久津事務所でも経営計画を作成していますので興味のある方はご参考までに。
こちらから、ご覧になれます。

...続きを読む

10月のいちげつ会議3

昨日の続きです。
「データ内のサーバ整理」の議題の後は阿久津事務所恒例の「事務所の問題点解決について」です。
先月は「電子レンジ買って欲しい」という想定外の要望が出て盛り上がりましたが今月はどんな要望がでるのやら。
(お客さんでもこの電子レンジネタやたらと受けが良いです。)
例によって私は参加せず、所員だけで自由闊達に「良い事務所を作るには」という観点で好き放題意見を出してもらいます。

今月出された意見は
・ブログの入力は各自で行なう
(今までは宮田所員が一括してアップしてました。)
・所員の在席・外出などの情報共有はMSNメッセンジャーで行なう
(私は使い方良く解らないのでお任せです。)
・先生・高野が話し中であっても電話を優先的に引き継ぐ
(電話を受けた側からすると繋いでもいいものかどうか結構迷いますよね。)
・2Fの紙ごみはラックの所へ移動する
(ゴミはきちんと分別しましょう。)
・EPSON応援シリーズのロック解除方法
(今まで誰にも教えていなかったので私の不在時にロックされるとソフトが使えず不便でした。)
・10/8までに事務所用の自転車を購入する
(先月からの積み残しです。)
・過去の会議の議事録の保管方法
(すべての会議で議事録作成し、回覧で回しています。)
・インターホンの出方を統一する
(今までインターホンが鳴ってインターホンで話しているのに訪問相手が解っていると私が直接出てしまったりしていましたが、それを統一しようということです。)

...続きを読む

10月のいちげつ会議2

一昨日のいちげつ会議の報告の続きです。
事務所の事績報告の後はMASチームからの報告(一ヶ月の活動報告です)
報告が終わるといよいよ本日のメインテーマの始まりです。
今期の阿久津事務所の部門ごとの経営目標は
監査チームが「事務所の生産性の向上」
MASチームが「MASマーケティングの導線確保」
なのですが。
MASチームに関しては毎週月曜日に定例で「MASミーティング」を開いて行動目標を決めてその進捗状況を確認しているのでいちげつ会議では報告だけで議題には取上げていません。
いちげつ会議では監査チームの「事務所の生産性の向上」の為に何をすべきかを皆で考えます。

会計事務所にとっての原価は何だと思いますか?
商品の仕入があるわけではありません。
製品を製造するわけでもありません。
会計事務所の原価は人件費(時間)に他ならないのです。
無駄な作業を省くことや、必要な業務にかかる時間を効率化することによって生産性は高められます。
そのような努力によって作り出された時間を活用してより付加価値の高いサービスを提供する事が出来れば顧客満足は高まります。

阿久津事務所で生産性を高める為に取組まなければならない課題。
1、ケアレスミスの撲滅
2、業務のスピードアップ
3、情報共有
これらの課題を解決する為に先月いちげつ会議で話し合われたのが
①業務処理マニュアルの作成
②過去の書類関係の整理・保存をどうするか
でした。

...続きを読む

10月のいちげつ会議

昨日の10月3日日曜日は事務所定例のいちげつ会議の一日でした。
所員の皆さん休日出勤お疲れ様でした。
会議は前月の事績報告から始まります。
阿久津事務所では事務所MASを始めてから前月の試算表が翌月3日には確認出来るるようになりました。(うーん 凄い!!)
経営サポートに取組もうと思ってからは、顧問先に対する指導内容と事務所の行動がかけ離れていては良き指導は出来ないと思い月次決算をきちんとするようにしました。

毎年確定申告の時期になると自分の申告書は常に一番最後で、お客さんの確定申告が全部出来てからゆっくりとと言うのが通例だったのですが、昨年から自分の事務所の確定申告が一番先に出来上がるようになりました。
経営管理のイロハのイは前月の試算表を遅くとも翌月10日位までに確認できる仕組を作り上げることだと思います。

9月の事績はというと「うーん 芳しくない」
9月は決算(7月決算法人)が少ないので事績が良くないのは致し方ありません。
阿久津事務所の繁忙期は2,3,5,8月なのでこの時期に売上を稼ぎ、9月以降は前半の貯金を食い潰すということになります。
今年は特に将来の成長に向けての投資(人材採用)を積極的に行った関係で、それに付随する経費の金額も増加し試算表の業績が落ちるのは想定内の範囲です。

問題はその投資効果がどの程度結果に結びつつあるかということです。
4月以降経営サポートサービス(MAS)の普及に向けて様々な準備を進めてきています。
準備は9月で完了させて10月から本格的普及活動という構想です。
準備が若干遅れている部分(私の原稿書くのが遅いのが最大の原因です)もありますが概ね計画通りに進んでいます。
準備は予定通り、これからは目標実現の為の具体的施策を実施するのみなのです。
施策実施の為には組織も出来つつあるし、試算表の数字と今期の決算予測は非常に厳しいものがありますが、不思議と事務所の中も、私の心の中も暗さは全くありません。

...続きを読む

今日からネクタイ

つい先日まで「暑い暑い」を連呼していたと思ったら、今日からもう10月すっかり涼しくなりました。
今年は暑さが強烈だったので涼しくを通り越して寒く感じるのは私だけでしょうか。
秋は快適で良いのですが、冬の寒さは私には天敵です。(猛暑でも寒い冬より夏の方が良いのです)とにかく寒くなると良く風邪をひきます。
具合悪くても完治するまで仕事休むわけにもいかないので、風邪薬を飲みながら騙し騙し仕事を続けているとな
かなか完治しません。

風邪の菌を殺すのは薬ではなく人間の抵抗力だそうです。
薬にばかり頼っていると人間の抵抗力が怠けだしてどんどん風邪の菌を自力で殺せないようになるのだそうで
す。
自力で風邪と戦っている顕著な証拠が熱が出ることだそうですが、私の場合風邪をひいても熱がでません。
抵抗力が完全にぐうたら状態のようで風邪をひいても中々菌を殺せず長引いてしまうのが例年の恒例行事になっています。
調子良くなったと思ってもまた何かあるとぶり返してみたりで本当に風邪治ったのか疑問に思うこともしばしばです。
風邪が治ったというよりは、風邪が休んでいるという感じで、風邪菌が身体の中に住みついてしまったように感じる事があります。
皆さんもそんな感じもたれたことありませんか。
(特に仕事が忙しく休み中々取れない方)

...続きを読む
HOME > 所員ブログ > 2010年10月のブログ記事一覧