所員ブログ
サービス案内 事務所概要 所員紹介 インフォメーション よくある質問Q&A お問い合わせ
HOME > 所員ブログ > セミナー三昧3

所員ブログ

セミナー三昧3

18日の月曜日は夕方から江東信用組合洲崎支店さんでセミナー兼懇親会でした。
江東信用組合さんは名前の通り江東区中心の超地域密着金融なのです。
担当者曰く「うちは日本が沈んでも江東区が浮いていればいいんです」(←こんなことありえないですけどね)と言う位の江東区命の最近では珍しい金融機関だと思います。
その江東信用さんには江信会という親睦会があって年に数回このような研修会と懇親会がセットの会合が開かれると聞いて今回初めて参加させて頂きました。

研修会でお話されたのが耐熱カメラの製造をされている株式会社セキュリティジャパンさんでした。
耐熱カメラと言われても余りピンと来ませんが、1400℃の熱にも耐えられるカメラなのだそうです。
どのような場所で使われているかと言うと、鉄鋼の溶鉱炉内に挿入して中を監視する為に利用されているのだそうです。
従って工業炉を持つ国内基幹産業の大半がユーザーさんだそうです。
炉内挿入型のカメラは世界唯一の商品だそうでそれらを製造している耐熱カメラ専業メーカーさんなのです。
(勿論特許持たれています)
お話聞いていて世界で唯一の製品を作られている会社が我が江東区にもあるんだと思い凄く嬉しい気持ちになり
ました。
社長のお話では大変江東区に思い入れがおありのようで、江東区民としては心強い限りです。
今後益々のご活躍をお祈りいたします。

今回このようなお話をお聞きすると、このセキュリティジャパンさんのような高い技術力を持つ中小企業さんが日本の地域社会の中に無尽蔵に眠っているように思えてなりません。
よくテレビなどで紹介される話ですが、日本の中小企業の技術力は凄いものがあるのに、経営管理力が製品技術力に追いついていないことで、折角の技術力を社会に広める機会を損なっているケースが非常に多いのではないかと思います。
中小企業の発展にとって経営管理力の強化がいかに必要か痛感させられる研修会でした。
私の事務所でも昨年から経営管理の仕組作りのお手伝いするMASという経営サポートサービスの普及に取組んでいますが、取組むことの意義を再認識させられ普及活動に今後一段と力を込めなければと思った次第です。

研修会の後は懇親会ですが、気のせいかもしれませんが懇親会になったら人が増えたような気が・・・・・(まあ細かいことは良いか)
10月の事務所セミナーにいらした社長さんと意見交換したり研修会に参加された経営者の皆様と名刺交換したりと食事する暇もない状態でしたが、一番印象に残ったのは江東信用さんのトップ(会長と理事長)の方のアットホームな雰囲気と親しみ易さに感動しました。
金融機関のトップの方が懇親会に出席して皆さんと意見交換されるということ自体が余りお目にかかる光景ではないので非常に新鮮に写りました。

意見交換も程々にその後は江東モラロジーの研修会に参加しました。
今回も講師から貴重なお話を伺いました。
そのお話を聞いて私が感じたことです。
「人の才能を司っているのは人の心です。
その才能をどのように使うかは才能を与えられた人の心に委ねられています。
心卑しければその才能は悪のために使われ人や社会を苦しめることになります。
才能あるものこそ自分の心を厳しく鍛えねばなりません。」

心を鍛える。
それこそがモラルであり、倫理なのではないでしょうか。
チョット今日はカッコつけ過ぎ?カナ

本日のデイリーコラムは「貯蓄税という新税」です。

HOME > 所員ブログ > セミナー三昧3