所員ブログ
サービス案内 事務所概要 所員紹介 インフォメーション よくある質問Q&A お問い合わせ
HOME > 所員ブログ > 2010年11月のブログ記事一覧

所員ブログ

プチ映画館

こんにちは。MAS事業部の高野です。

4年間もテレビがなかった反動なのか、ここ最近ものすごい映画にハマってしまいました。

ポテトチップスとコーラを両手に持ち、
部屋の電気を消して映画館さながらの環境で作品を楽しむ。


いやぁ~極楽♪極楽♪


ここ2週間ほどで色々見た作品の中で、面白かったものをいくつか上げたいと思います。


まず一つ目は「グラン・トリノ」(2008年、米)
クリント・イーストウッドの主演・監督作品で、日本では昨年に大ヒットしましたね。
gt.jpg
息子家族にも見放された頑固な老人コワルスキー(左)と
内気なモン族の少年タオ(右)がお互いに心を開き始めていくという流れです。

思いのほかストーリーが二転三転しますが、ラストシーンは感動モノです。
コワイしかめっ面をしたコワルスキー・・・久しぶりにカッコイイ男を見た気がします。

...続きを読む

江東シーサイドマラソン

今日のお題は江東シーサイドマラソンですが、私が参加したわけではありません。
誤解を与えるといけないので書き始めに宣言しときましょう。

昨日は毎年恒例の江東シーサイドマラソンが行われました。
例年はやってるな程度でさほど興味もなかったのですが、今年は関与先の皆さんが出場すると聞いていたので沿道で最初から最後まで応援していました。

シーサイド20101129.jpg

最初のトップグループが目の前を通り過ぎていきましたが、やはり男性のトップは速いですね。
次から次へとランナーが目の前を追加していきますが、一団が一気に通り過ぎると誰が誰やら全然わかりません。
これでは関与先の皆さんが通り過ぎてもわからないかもと不安に思っていると沿道から私に向かって「阿久津さん」と大声で声を掛けてくるランナーがいます。
「誰だ?」
と思ってみると江東西倫理法人会の伊藤さんじゃありませんか。
前日のモーニングセミナーで顔を合わせた時には、シーサイドマラソンに出場するなんて何も言ってなかったしチョット驚きです。
元々エネルギッシュな人ではありますが「いやあ頑張ってますなあ。」まさしく中年の星であります。

...続きを読む

渋谷中央倫理法人会経営者の集い

昨日は東京都渋谷区中央倫理法人会のイブニングセミナー経営者の集いに参加してきました。

倫理法人会のセミナーネタ何度か私のブログにも書かせて頂いていますが、9月に入会して以来所属している江東西倫理法人会しか参加したことなかったのですが、今回始めて他の地区のセミナーに参加させて頂きました。
前々から「他地区に行くと色々それぞれの地区で特徴があって面白いよ」と言われていて興味はあったのですが、他地区のモーニングセミナーへの参加は時間の関係で参加は難しいと思っていました。
今回は夜のイブニングセミナーだったので参加することが出来ました。

渋谷はあまり馴染みがないのですが会場は駅から歩いて7分程度の神南にある渋谷区勤労福祉会館という区の施設です。
周囲は完全に渋谷の繁華街で区の地味な施設がある立地としては勿体無いような場所にあります。
そこの2階の会議室が会場ですが、入口や通路途中にはセミナー案内を持った会員の方が立って、来られた方をしっかりと誘導されたりで細かい所にも気が行き届いているなと感じます。
今日の出席者の方は40名前後でしょうか、なかなかの盛況です。
顔見知りの方もチラホラいたりしてやはり安心しますね。

本日の講師は登米氏倫理法人会会長の小泉洋氏です。宮城からわざわざお越し頂いての講話です。
講話の内容は健康に関するお話とキネシオテーピングという伸縮性テープを使って痛みを和らげる実演を会場に来ていた参加者を患者さん代わりにして行われました。
私は残念ながら実演には参加しなかった(本当はお願いしますと口の先まで出かかったのですが、針を患部に埋め込んでいることもあり出かかった言葉を飲み込んで我慢しました)のですが、やってもらった方に後の懇親会でお話伺うと一様に「効く効く」と仰っていました。

...続きを読む

いつも突然に。。。

先日の先生ブログと、かけ離れた行動をとってしまう、私。
というのも。。。
暇 → 遊ぼっ → 翌日実行
っで、箱根へ行ってきた。
行動力がある!!と友達から言われるがっ。。。ただ計画性が無い。
そしてそんな突然行動する私おかげで、前々から一緒に行こうね♪
計画をしていたのに、一緒にいけなくなってしまった別の友達。

朝は、5:50に家を出て、新宿まで行き、それから2時間で到着。
バスの旅は、すっごい楽々。
友達に会い、何処行きたい?って聞かれ、すかさず"箱根神社"
なにがある訳ではないそこへ、前々からなんとなく行ってみたかった。
そこでは、結婚式をやっていた。
霧雨の中白無垢着て傘差してステキだった。
っが、見とれて、写真は。。。無し。
ただ、癒され空間だった。

 
次に、ちょっと陶芸。
今回は"てびねり"に挑戦!!
以外にムキになってしまう私。

1tebineri1125.jpg 

一応、中に剣山入れて、お花を生けようかな。。。っと。
食器じゃないからって、ちょっと遊びすぎ?

2tebineri1125.jpg 
どんな感じで出来上がるのやら。2ヶ月後が楽しみ♪
っで、忘れた頃に送られてくるらしい。

 


その次は、お昼。
私、この店好き。美味しかった。
中華なんだけど、私は八宝菜。

 

4happousai1125.jpg

友達はエビチリ

3ebi1125.jpg

プリップリのシーフードで、久々美味しい中華。

そして、次は。。。ポーラ美術館。
ちょっと気になってたここも、行ってみたかった所。
ポーラ美術館。
館内も、絵画もとてもステキ空間だった。。
本日の私のお気に入りは、カミーユ・ピサロ。
癒される絵画。
・・・私、疲れてる?
イヤイヤ、疲れて無くても、ステキな場所です。

あまりに長々居たら、帰りには霧が出てきた。
なんだか、神秘的。

5po-ra1125.jpg

帰り。
・・・の前に、バスが来るまで少し時間があり、友達夫婦と乾杯Time。
そして慌てて帰路へ。

楽しい、小旅行。
あっ、でも今度は、寒空の中、鉄の塊(バイク)と共に行きたいな。

祐気取旅行

月曜日に方位をブログネタにしたので、その関連で今日は運気アップの為の祐気取の旅行のお話をしたいと思います。
詳しくは書きませんが年、月、日、時それぞれに方位盤があって、それぞれ全てが同じ方位で重なった時に、その重なった良い方角に出向くのですが、この全てが重なる日時と言うのが一年の内にそう何日もあるわけではありません。
年の内の数日のごく限られた時間です。出発する時間と到着する時間等々考慮しなければいけないことが結構たくさんあり思いつきでふらっと出かけるというわけにはいきません。
(祐気取の方位に関しては色々な流派があるようですが、私の祐気取は阿久津流で色々な流派の組合せで決めています)
悪い方角に出かけると運気を上げるどころか逆効果にもなりますので、事前にしっかりと準備して出かけないと折角の祐気取が祐気取でなくなってしまうことにもなりかねません。

今まで祐気取の旅行に行って思い出に残っている場所を紹介していきます。
まずは事務所開業当事、西の祐気取の際に訪れたのが日本中の神々が集う島根県の出雲大社
最初に計画した時はどのようにして行こうか悩みましたが、色々検索している内に高速バスが便利な事を知りその高速バスで現地に向かいます。
東京渋谷を夜9時頃に出発すると翌朝の7時には出雲に到着しています。
チョット寝るのが早いのが難点ですが、眠りに落ちて気が付くと出雲に到着しているので乗換えもないしとても楽です。
車中もゆったりとしていてすこぶる快適です。

出雲旅行の訪問先で一番強くパワーを感じたスポットは何と言っても出雲大社の本殿裏側。
ここに池?のようなスポットがあるのですが私はここで非常に強いパワーを感じました。
心の汚れが吸い取られて、汚れが取り除かれた心にエネルギーが送り込まれるようなそんな不思議な感覚に浸ったのを覚えています。
パワーをどこで感じるかは人それぞれだと思うので参考までにお願いします。

...続きを読む

方位

今年も早いものでもうすぐ師走を迎えます。
ついこの間まで暑い暑いと言っていたと思ったらあっという間に冬到来です。
一年で一番過ごしやすい秋が年々短くなってきているように感じるのは私だけでしょうか。

秋になると必ず来るお誘いが各種団体の旅行の案内です。
私も今年いくつかお誘い頂きましたが、どれも日程が合わず結局全て参加見送りとなりました。
参加しないのは日程が単に合わなかっただけで旅行が嫌いというわけではなく、むしろ好きなのですが、旅行に行く場合にひとつ気にすることがあって、それは旅先の方位です。
「そんなもの気にしてて」と思われる方も多いと思いますが、私の場合はこの方位非常に気にします。
35歳の頃からこの方位を研究しだして運気を上げる為にこの方位を活用すると効果が出ることを信じているのです。
税理士試験の勉強をしている受験時代から事務所を開業してからも良い方位を見つけては祐気取りの旅行に出かけていました。
(ここ2~3年は本当に忙しくて全く出かけられていませんが)

祐気取りの旅行に行って何をしてくるのかと言えば特に変わったことをしてくるわけではなく、訪問地の神社仏閣にお参りし、訪問地で取れた美味しい料理を頂き、温泉につかりゆっくりとして帰ってくるだけです。
皆さん旅行に行かれる時は同じような目的で行かれるでしょうし、これで運気が上昇したら言うことありませんよね。
方位が良いか悪いかについては、全ての人に悪い方位と特定の人(生まれ年によって変わります)に良い方位、悪い方位があります。今年で言えば自分の自宅から見て北東と南西に当たる方位が全ての人に悪い方位になります。

さて今年8月の経営計画発表会の中期ビジョンに来年からの社員旅行の実施を掲げました。
来年は国内旅行、再来年は海外旅行に連れて行く目標にしてますが、発表会の質疑応答で前田所員から「社員旅行はどこへ行くのですか?」という質問がありました。
その時私は「旅行に行く時期と方位と予算は私から指示しますので、具体的な行先は皆さんで決めて下さい。」と答えてあります。
今年の社員旅行は山梨の梨狩りでしたが、来年の国内旅行、再来年からの海外旅行は何としても実現したいと思います。

...続きを読む

阿久津とゴルフ

昨日は書類に印鑑をもらいに行ったお客さんのところでゴルフ談義をしてきました。

私もゴルフ既にやめてしまいましたが、実は今をさかのぼる5年前まではゴルフのスクールに通って結構熱心に一生懸命やっていたのです。腕前は?と聞かれそうですがそれは聞かないでくださいね。
(恥ずかしくて言えないので。ハンデで表現出来るぐらいなら正々堂々申告してますので、ハンデ40以上であることは間違いありません)

私とゴルフの出会いは大学4年の頃、友人に無理やり誘われて河川敷のコースに連れて行かれたのが最初でした。
私がゴルフで一番興味を覚えたのは腕前を上達させることではなく、ゴルフコースに関しての事でした。
ゴルフコースに魅せられて名門コースと言われるゴルフ場で是非プレーしてみたいと思ったのです。
ゴルフの腕前に関しては余り向上心はなく、名門コースでプレーするにはそれなりに上達しないと恥ずかしいので、名門コースでプレーして追い出されない程度の腕前になることが私の目標でした。

大学5年の時(友人たちは卒業しましたが私は一年留年したので一緒に遊ぶ友達がいない。車の運転が出来ないのでゴルフ場に一人で行けない等の事情があり)ソシアルゴルフ会という月4~6回程度関東地区の様々なゴルフ場でコンペを開催している会に入会してゴルフ場回りを始めます。
この会のコンペ毎回違うゴルフ場で開催されるし、車を持っていなくても渋谷からバスでコースまで連れて行ってくれるので当時の私には願ったり叶ったりの会でした。
大学5年の時は結構な数行きましたよ!!
それから足かけ15年程度ゴルフと色々お付き合いさせてもらったのですが、ゴルフに関わっている間、良い出来事、悪い出来事色々な事があったのですが、通算すると悪い事の方が圧倒的多数です。(苦笑)だから止めたんですけどね。

今日はゴルフの話題なので歴史を振り返る意味で良い事、悪い事列挙していきましょう。

...続きを読む

未知との遭遇

私が「税金」と始めて遭遇した日のお話です。

あれは確か、私が高校2年の3月でした。今から20年以上も前の話です。

3月14日に祖父と私の間で、次のような会話がありました。

   祖父:「明日、税務署へ行って申告書を職員の方に書き方を聞いて、
       提出してきてくれないか。資料は全部揃っているから。ワシは、
       明日はどうしてもはずせない、宴があるから。」

   私:(内心:エー面倒くさい)と思っていたところ、祖父は続けて、


   祖父:「確か...5万ぐらい戻ってくると思うから、それは全部あげるから」


   私:「喜んで、そのミッションお引受け致します。このことは、どうか他の
      者(兄弟)には御内密に...」

当時、祖父は年金と小さな不動産を他人に貸していました。

...続きを読む

東京税理士会理事立候補

昨日は東京税理士会の理事立候補届けを提出してきました。

立候補というといかにも勇ましいのですが、その実はうちの支部では誰もやり手が
いないので、誰か居ないかということで私にお鉢が回ってきたのでした。他支部では
選挙になるところもあるようですが、うちの支部で選挙になったところ登録してから
10年で一度も見たことありません。従って今回も立候補即当選になるのは確実な
情勢です。(苦笑)

昨日、一昨日が立候補受付日で提出に行けたのが午後3時過ぎ(午後4時までが
受け付け時間です)でギリギリセーフでした。受付している担当委員の方に恐る恐る
「私が最後ですか?」と尋ねると「まだ若干名ですが届出まだの方がいらっしゃるよう
です」との返事を聞いてホッと一息。
午前中のセミナーの後の打合せが伸びてしまって、予定より提出が遅くなってしまっ
たのです。事務所には現支部長から「何やってんだ!!」のご立腹のお電話頂くしで
もう大変です。

...続きを読む

騙されたと思って・・・

今日は私のオススメ商品を紹介したいと思います。

いきなりですがコレです。

甘酒.jpg

甘酒です。
甘酒を通販で取り寄せています。

作り方は簡単。
①小さい鍋に甘酒のパックを入れる
②水を入れる
③温める
コレで出来上がりです。
(簡単でしょ!)

通販で大量に取り寄せて、『騙されたと思って飲んでみてください!』と事務所内でくばりました。
甘酒が苦手な人が多かったのですが、皆さん美味しく飲んで頂けたようでした。

...続きを読む

事務所セミナー報告

昨日の日曜日予定では全国青年税理士連盟の秋季シンポジウムに参加する予定でしたがチョット疲れが溜まっていてお休みしてしまいました。
家は一応出て地下鉄で日本橋まで行ったのですが・・・結局そこから引き返してその後はベットに横になり気付いた時には夕方5時でした。
疲れていたのだなあと今さらながら実感しました。
金曜日夕方の事務所セミナーが終わってから、何というかチョット元気がありません。
やらなければいけない事テンコ盛りでモチベーション下げてる暇はないのですけどね。
(まあ人間だからしょうがない。いつもテンション上がりっぱなしというわけにもいかないし。)

今日のブログネタは全国青税の秋季シンポジウムと決めていたので・・・。
(困ったな)

致し方ないので金曜日の事務所セミナーのご報告を先週の金曜日17時から江東信用組合洲崎支店さんの会議室をお借りして第2回めの事務所セミナーを開催いたしました。
ご参加頂きましたのは14名で、事務所の関与先、経営者仲間、司法書士さん、税理士仲間、一般企業の社員さん等々バラエティに富んだ皆様です。
先月が初めての事務所単独でのセミナー(ビジネスモデル再構築セミナー)開催で5社6名の経営者の皆様にご参加頂きましたが、今回は前回を大幅に上回りました。
(企画が良かったのか、徐々に浸透してきたのか定かではありませんが、参加者が増えたことについては素直に嬉しく思います。ご参加頂きました皆様に心から感謝申し上げます)

...続きを読む

事務所のロゴ製作

事務所のロゴを作ろうと思って製作を現在依頼しています。
何処に依頼しているかと言うとLancersというコンペ形式で才能ある個人に仕事を依頼出来るサイトです。
本当はお客さんの所で作ってあげたいのは山々なのですが・・・今年は将来に向けての投資続きでまだその結果が現れていないので・・・辛いところです。

どのようにして依頼するかと言うと、作成したいロゴのイメージをメールで伝えて、それを見たLancersに登録しているデザイナーがロゴを提案してくれるという流れになっています。
阿久津事務所の提案期間は既に終了していて、その期間内に寄せられた提案数は29件に上ります。29件の提案とはいえ、中には部品をいくつかくっつけただけのような提案もあり、検討の遡上に上がるのはおそらく10件程度でしょうか。

ロゴ作成に掛かる費用はというと最初のイメージを伝える時に依頼金額を設定します。
阿久津事務所の場合3万円の依頼金額でお願いしました。最終的に採用されたロゴを製作した方にこの依頼金額が渡されるような仕組になっているようです。
(サイトへの手数料は差引かれるのだろうと思いますが)
依頼金額は自由に設定することが可能です。
中には5,000円という設定金額も見受けられますが、会社のロゴだと3万円程度が平均のようです。
当然ですが依頼金額が高ければ高い程提案数や質も上がってくるのだろうと思います。
今後税理士法人化等で将来的には名称変更も予定しているので、それまでの繋ぎと考えればあまり費用をかけるのも合理的ではありませんし、阿久津事務所の現状においては願ったり叶ったりのシステムのように思います。
本格的なものは次のステップでということで。

...続きを読む

故郷

はじめまして、4ヶ月目にしてブログデビューです。

 

今回は私の育った「青梅」について書きます。

一度、行ってみて下さい。特に今の時期は紅葉が鮮やかです。

人から「出身はどちらですか?」と聞かれると。迷わず「東京です!!」と答えます。
一応、青梅市とは東京都であることは間違ありません。しかし、人によっては「都下(とか)」と呼んだりする人もいます。
大学時代、青森から東京に来ていた、友人が「オレのとこよりも田舎」と絶賛してました。
確かに、ドラマのような"THE 東京"をイメージして上京された方には少々酷な話です。

ところが、青梅の先には「奥多摩」という、これまた自然が豊かな場所があります。

青梅と奥多摩の間には、微妙なラインがあり、高校時代には「奥多摩から来てるの?大変だね~!!」と半歩上からの目線だったような気がします。

土地勘のない方には判りづらいかもしれませんが、とある小さな地方都市の小さな争いです。

...続きを読む

お墓参り

昨日は午前中お休みを頂きました!!
何をしていたのかというと実はお墓参りに行ってきたのです。
阿久津家のお墓は東京谷中の大円寺さんにあります。

20101110-1.jpg

東京の谷中と言えば知る人ぞ知るお寺さんの銀座。
町中のいたるところにお寺さんがあり、昔懐かしい光景も目にすることが出来ます。
谷中の大円寺さんの道路を挟んだ真ん前に谷中小学校があるのですが、この小学校外観が普通の小学校とどことなく違います。
20101110-2.jpg

何となく小学校なのにお寺さんのような雰囲気が漂っていて、町並みに不思議にマッチしています。

...続きを読む

秋の味覚 ~安納芋~

毎年この時期『安納芋』という文字を見ると、ついつい買ってしまいます。


普通のサツマイモより少し高いかもしれませんが、安納芋の焼き芋を食べると、もう普通のサツマイモの焼き芋では物足りなくなってしまい。。。。。

 

ということで、今年も安納芋の焼き芋、作ってみました(←作ってみました、というほど何もすることはなく、オーブンで『焼き芋』モードを選びスタートボタンを押すだけです。)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
あんのう1.jpg

...続きを読む

今月のいちげつ会議

昨日の日曜日は毎月恒例の阿久津事務所いちげつ会議が行われました。

まず始めは先月10月の事績報告から。
会計事務所は月々の顧問料の金額もわかっているし飛込み申告とかが無い限り決算の件数も事前にわかっているので売上に関する大きな見通しの狂いはありません。
試算表だけ眺めていると「うーん厳しいなあ」という溜息が漏れてきそうですが、今年から来年にかけては将来の発展に備える為の投資の一年という位置付けなので、悲壮感とか暗さは全くありません。
ある意味予定通りに進んでいるなという感触です。
9月で将来の拡大に向けた準備はほぼ整い、10月からは具体的な行動に入れています。
来年の春先までは畑の耕しと種蒔の期間なので、結果は思うように出ていませんが、あせらずにコツコツと実績を積上げて行くのが大事で、来年の7月あたりから徐々に結果が出せれば良いかなと考えています。

事務所の事績報告の後は個人タスクの事績報告と11月の予定です。
阿久津の10月はというと残念ながら正直モチベーションがあまり上がりませんでした。
従って定例業務は恙無くこなす事が出来ましたが、定例業務以外のHP原稿作成が今月も殆ど手付かずでまた翌月に繰越です。(残念)
そうした中でブログに関してだけは、初投稿以来土日祝日を除く毎日欠かさず更新出来ておりこれだけは唯一の自慢なのですが・・・・。

遅々として進まないホームページの原稿と毎日更新されるブログに対して高野所員から以下の提案が
「ブログの更新週2~3回にしたらどうでしょうか」

...続きを読む

前田所員のレクチャー

昨日は午前中今年度税制改正の「グループ法人税制」のレクチャーを前田さんから受けました。

先日の税理士会の支部研修会には私に変わり前田さんに参加してもらって話を聞いてきてもらったのです。
阿久津事務所では所員の皆さんに個人のスキルアップにつなげる目的で様々な研修に参加してもらっています。
そして研修から戻った後には所員の皆にレクチャーをしてもらうことにしています。
そうすることで研修に参加出来なかった他の人たちと情報共有にもなりますし、研修参加者にして見ればレクチャーをするには研修内容をもう一度見直したり、勉強したりしなければならないので、研修内容を記憶に長く留めておくことが出来るので一石二鳥の効果だなと思って励行しています。
(人に説明しなければいけないと思えば真剣に聞かざるを得なくなりますものね グッドアイデア)

レクチャーを受けたい人は原則自由参加なので、朝のミーティング時に今日前田さんのレクチャー受けたい人いますかと参加者募ると何と全員から一斉に手が挙がりました。
(オオーすごい 前田さん人気ありますなあ)
本人は相当緊張していると言っていましたが、中々どうしてどうに入ったものだと私は個人的に感じました。
(レクチャー終了後高野所員に前田さん緊張しているように見えたか?と尋ねるとメッチャ緊張してましたよ!との答え。見る人によって感じ方違いますねえ)

私も最初(新入所員募集の事務所説明会)に人前で話した時は物凄く緊張しましたが、何回かやっている内に人前で喋るのはやはり慣れだなということが良くわかるようになりました。
私もついこの前までは大勢を相手に喋るなんていうのはとんでもないことだと思っていたのが、今では「毎月一回セミナーやるぞー!!」に変わっているので人間慣れは本当に恐ろしい。(苦笑)
心の中で思ったり、頭で考えたことと人前で話すのとでは全然勝手が違います。
思っていることが上手く言葉で伝えられない表現できないと悩んでいる方結構大勢いらっしゃるのではないかと思います。自分の考えや思っていることを人に話したり、文章に書いたりして皆に理解してもらう為には表現する力と伝えきる力が必要です。

...続きを読む

経営シミュレーションの価値

昨日は雲ひとつない晴天で晴れ晴れとした一日だったようですが、私阿久津は外出することもなく事務所の中で12日のセミナーの資料作りに勤しんでおりました。
どのような資料を作成していたかと言うと、セミナーではキャッシュ不足の原因を具体的事例を用いて解説すると共にキャッシュ不足にはどのような対策が一番効果を発揮するのかをシミュレーションを行ないながら検証していく予定なので、実際の事例が必要になります。

まず始めは事例会社がもし今期と全く同じ状態が続いたと仮定すると果たしてその会社の5年後のキャッシュはどのように変化するかという所から入っていきます。5年後キャッシュが黒字だとこの後の話しが続かないので5年後のキャッシュは赤字(キャッシュ不足)になるのですが、毎期毎期黒字になのに何故キャッシュ不足が起こるのかを解説し、それではそのキャッシュ不足を解消する為にどのような施策が考えられるのか。

具体的施策例

①売上を上げる
(売上は数量×単価で計算されます。従って売上を上げるといえば2通りのことが考えられます。一つは販売単価を上げる(値上)こと、もう一つは販売数量を上げることです。今回のシュミレーションでは販売単価を1割上げた場合、販売数量を2割上げた場合、販売単価を1割上げて販売数量が2割下がった場合、販売単価を1割下げて販売数量を2割上げた場合の4パターン)

②原価圧縮
(原価率を1割下げた場合)

③経費削減
(全経費を一律一割削減した場合)

④不良資産の処分
(含み損を抱える資産を売却して資金化した場合)

⑤サイトを変更する
(回収サイトを早めた場合、支払サイトを延ばした場合)

...続きを読む

やる気マネジメント

昨日月曜日は人財育成サポートさんの主催する「やる気マネジメントシステム構築セミナー」に参加してきました。
講師はベンチャーマネジメント代表の小林英二氏です。

やる気を科学して強い会社を作るにはというのが本日の講義内容です。
昨今の業績不振、社会環境も大きな要素ではあると思いますが、それ以上に業績不振の真の原因は社員のやる気の低迷にあると小林氏は分析します。
従来からのビジネスモデルが崩壊し新たなビジネスモデルを構築する為には、今までの仕事のやり方、考え方を変えていかなければなりません。
どんなに素晴らしい改善計画をトップが作り上げたとしてもそれを現場で実践するのは社員に他なりません。
手足となって行動する社員一人一人がトップの考えを良く理解し、自分たちのやるべき事をやり遂げることが出来なければ業績アップにはつながりません。
強い会社(利益のあがる会社)になっていくためには社員のやる気アップが必要不可欠な要素なのです。

やる気を起こさせる2つの要素何だと思われますか?
それはドーパミンとノルアドレナリンなんだそうです。
人間はこのドーパミンとノルアドレナリンが発生した時にやる気になります。
ノルアドレナリンはどのような状態の時に生み出されるか、それは恐怖を感じた時で爆発的やる気が生み出されます。
その時人間のとる行動は逃げるか、戦うかのどちらかで、火事場のバカ力などはノルアドレナリンの典型的な効果なのだそうです。
このノルアドレナリン、爆発的やる気を起こしますが使い過ぎには注意が必要です。
使いすぎると人は徐々に慣れてきてより強い刺激が必要になります。
慢性化すると危険で魂抜かれた欝のような状態になるので使い方を考えないといけません。

...続きを読む

年末調整

そろそろ年末調整のシーズンが近付いてきました。

会社には税務署から分厚い年末調整関係の郵送物が送られてきていますし、生保からは年末調整の保険料控除申告書に添付する生命保険料控除証明書が送られてきています。
(年末調整の書類記入する時に何処に行ったかわからなくならないようにしっかりと管理しておきましょう)

会計業界に入る前のサラリーマン時代には年末調整って何の為にやるのかもよくわからず、経理の担当者から緑っぽい紙(最近はコスト削減?で普通の黒の印刷紙になりました)を渡されて、「保険入ってない人は名前と住所書いて印鑑押すだけだから」と言われて訳もわからず、毎年なんで同じ事やるんだろうと不思議に思っていました。

しかしこの年末調整という制度知れば知るほどよく出来た制度だと感心させられます。
会社は毎月の給料から支給金額に応じた源泉所得税を徴収しそれを国に納付します。
(サラリーマン時代は給料から色々引かれるんだなと思っただけで何がどれ位引かれているとか細かく給与明細見ることもなかったですね。大切なのは振込額はいくらかで殆ど最終値だけ確認していただけでした。独り者の皆さん似たようなものなのではないでしょうか)

毎月の給料から控除される源泉所得税は税金の仮払いに過ぎませんので、一年間に支払われた給料(賞与も含む)の合計金額を基にしてその人の年税額を計算します。
そこで計算された年税額と毎月の給料(賞与も含む)から控除された源泉徴収税額の合計額を比較してその差額を還付または徴収することになります。
(一度給料から差引かれた税金が返ってくるととても得した気分になりますが、別に得しているわけではありません。人間の感覚の問題で、例えば毎月の給料から所得税が源泉徴収されず12月の給料で纏めて一年分ドーンと引かれたらどうでしょう。おそらく高いなと感じると思うし、だいいちまとめて引かれたらサラリーマンは生活出来ないですよね。年間トータルすれば結果は同じなのですが面白いものです)

...続きを読む
HOME > 所員ブログ > 2010年11月のブログ記事一覧