所員ブログ
サービス案内 事務所概要 所員紹介 インフォメーション よくある質問Q&A お問い合わせ
HOME > 所員ブログ > エジプトの今

所員ブログ

エジプトの今

2009年に、エジプト旅行に行きました。
その当時でも、多少危険地域...とのことでしたが、HISのパッケージツアーだった為、楽しい旅をしてきました。
今日はそんな思い出話。

エジプトに到着したのは深夜2:00。
空港からカイロの街にあるホテルへの深夜のバス。
この街は、どうやら交通事故が少ないらしい。
っが、真夜中なのに大渋滞のうえにクラクションの嵐。
先にクラクションを鳴らした方が勝ち...かのこどく、強引な割り込み割り込み。
そして、少し前の車がぶつかった。
あれ?交通事故が少ないんじゃあ...現地ガイドさん曰く、あれは事故では無い。って、そう言うことか。

ここは知っての通りイスラム教の人が多く、深夜にお酒を飲んでいるのではなく、水たばこを吸ってお茶を飲んでいた。
そして、女性の姿が全く見られない。

翌日から、ハードな観光ツアー。
暑いではなく、熱い。覚悟はしてたけれど、40℃を超えた所に行ったのは初めてで、太陽光の眩しさに目がくらむ。
その暑い暑い中で、観光三昧。

 

ピラミッドに

20110201ピラ.jpg

 

スフィンクスに

20110201すふぃんく.jpg

 

アブシンベル宮殿

アウシンベル宮殿.jpg

 

カルナック神殿での、音と光のショー

カルナック宮殿.jpg

一度は行って生で見たかった所。
エジプトは凄い遺産を持っている。

ハードな観光の中、ガイドさんが更なる観光に連れて行ってくれた。
夕日の中ボートに乗り、馬車で皆が住んでる所を砂埃をあげながら走り(迷惑だっ)、
町を少し歩いたり。

気づいたのは、貧富の差が激しいこと。日本なんて比じゃない気がした。
お金の価値も、日本よりも相当低い。
その後現地の人が食べる"コシャリ"を食し、買い物をした。
お土産屋ではぼったくりの店がほとんどで、サンダルを忘れて買おうと思ったら、120ドル。
レザーだから、こんなもんだって。。。
って、ウソつけ~っ、そりゃないだろ!!って思い、でっかい声(エジプト交渉術って)で高すぎるから安くしろ!!
と言いまくっていた結果、10ドルだって。
10ドルにも不満だったんだけど。。。
それにしても、得をしたのか損をしたのか分からない。


博物館やら神殿、お墓巡り。
ツタンカーメンの墓も見てきた。
色々なところの古代文字にはそれぞれ意味があり、物語があり、すっごく興味深くて楽しかった。
結局、行く前に買った歴史本も読み終わらず。。。だったが、現地ガイドさんの説明を聞きながらの観光だったので、よくわかった。
・・・わかった気になった。
中でも、考古学博物館はすごかった。
一日では見切れないほどの秘宝秘宝。
もっともっと、じっくり見たかった。

但し、ご飯は最悪。 期待はしていなかったが、それ以上に辛かった。
おいしいとかそういう話じゃなくって。。。
ツアーで行ったほとんどの人が、お腹を壊してた。
ただ、ミックスジュースは美味しかった。

20110201ジュース.jpg

これで、300円。

 

そんな思い出の場所が、今は。。。とても、あのとき行ったエジプトでは無い様子。

これは、愛読新聞↓ 当分行くことはないだろう。
20110201シンブン.jpg

あの時良くしてくれた、現地ガイドさんは大丈夫かな?と、少し心配。
あのガイドさんのおかげで、楽しい旅が出来たのだと思う。

今思えば、町に大きな人の写真だか絵だかがあった。
あれは、ムバラク大統領だった気がする。
30年の独裁政治は不正や汚職の根源のではないだろうか。
そして身内(次男)への権力世襲を目論んでいる、なんて誰でも分かることのような気がするが。。。
今後どうなるのかは分からないが、これ以上血を流すことは避けられれば・・・と思う。

 

HOME > 所員ブログ > エジプトの今