所員ブログ
サービス案内 事務所概要 所員紹介 インフォメーション よくある質問Q&A お問い合わせ
HOME > 所員ブログ > 中小企業家同友会第19回経営研究集会

所員ブログ

中小企業家同友会第19回経営研究集会

10月21日金曜日、中小企業家同友会の第19回東京経営研究集会に参加してきました。
当初は出席の予定全くありませんでしたが、江東区民祭りで事務局佐々木さんから強くお誘いを受けての参加です。


通称19研と呼ばれるこの集会、分科会と基調講演、懇親会の3部構成になっています。
分科会はテーマ毎に9つのグループに分かれています。
私が9つの分科会の中から選んだのは第4分科会「事業承継 譲る覚悟、受ける決意」です。
私自身は創業者で77歳まで現役を続けるつもりなので、自身に事業承継の問題が起こるのは大分先の話になりますが、関与先ではちらほらと事業承継が話題に出ることもあり、今後の勉強の為と思いこの分科会を選びました。


譲る側、譲られる側それぞれの4人のパネラーの方が自身の体験や考えを司会者の方からの質問に回答する形で進んでいきます。
パネラーの発表の後は同友会名物のグループディスカッションが始まります。
同友会の研修は一方的に聞くだけの研修ではないので、そこが参加する楽しみの一つでもあります。
私の入ったグループには8名の参加者がいらっしゃいましたが、これから譲られる方2名、譲り受けが完了している方1名、これから譲る方3名、譲り渡しが完了している方1名、相当先に譲る方1名(これは私です)という構成です。
譲られる方は株価評価やどのように移転すればよいかというテクニカルの悩みが主なように感じました。
逆に譲る側では後継者候補や借入金の債務保証の問題を上げる方が多かったように思います。

 
グループディスカッションのテーマに取上げられたのは「後継者に何を引き継いで欲しいか」です。
様々なご意見ありましたが、どのテーブルも「創業時の想い」「経営理念」を上げられる方が多かったように思います。
私阿久津も後継者に引き継いで欲しいもの筆頭はやはり「創業時の想い」であり「経営理念」で他の参加された方と同じです。


私のテーブルの座長から「事業承継対策で皆さんに共通で当てはまることありませんか?」と質問がありました。
いきなりの質問だったので「皆さんそれぞれ置かれている状況が違うので共通で当てはまる事と言われても・・・」と言葉に窮してしまいましたが、帰りの電車の中で冷静に考えてみるとありました。相続対策のコンサルティング会社に勤務している時に仕事に関わりながら強く感じることが!!


それは「腹八分目」と「人の道に反することはしない」です。
何それ?と思われる方も多いと思いますが、相続対策の生の現場を見てきた者の正直な感想です。
興味ある方は何かの折にでも直接お尋ね頂ければと思います。

HOME > 所員ブログ > 中小企業家同友会第19回経営研究集会