所員ブログ
サービス案内 事務所概要 所員紹介 インフォメーション よくある質問Q&A お問い合わせ
HOME > 所員ブログ > 平成23年を振返り①

所員ブログ

平成23年を振返り①

先週の金曜日に江東西倫理法人会の駒形さんから電話がありました。
「明日のモーニングセミナー阿久津さんが進行になっていますが確定申告も終わられたと思うのでご参加頂けないでしょうか」と言うお誘いのお電話でした。
私しばらく考えてから「確かに忙しいのは過ぎたのですが・・・ここしばらく休みなしだったので・・・明日はゆっくりと朝寝坊させて下さい」という事でモーニングセミナーの進行は丁重にお断りさせて頂きました。
駒形さんにはいつもいつもご連絡頂いてもお断りばかりで大変申訳ない気持ちで一杯ですが、たまにはゆっくりと睡眠取らないと持たないのでお許し下さい。


さて倫理法人会モーニングセミナーの進行をお断りしたので、これで心おきなく朝寝坊が出来ます。
とは言え朝寝坊といっても若い時のように10時間も12時間もぶっ通しで寝られる筈もなくと思っていましたが・・・前日の就寝は夜の11時30分・・・翌朝ハッと目が覚めて枕元の時計を見ると朝の8時ではありませんか。
一度も目を覚ますことなく8時間半も寝続けたのは一体何時以来でしょうか。
よく寝たなあと思い布団の中でモゴモゴしていると、いつの間にやら又寝入ってしまい次に気が付いた時には何と昼の11時になっていました。


都合11時間半も寝てしまったことになります。
確定申告が終わって緊張が解れたためか、日頃の疲れが一気に出たのか定かではありませんが、ここ何年来味わったことのない爆睡を久しぶりに堪能しました。
思う存分寝れるというのは本当に気分爽やかで喜ばしい限りです。

 
確定申告も無事終わり、気分も爽やかになった所で阿久津事務所の平成23年を振返ってみたいと思います。
平成22年の振返りは平成23年9月12日付のブログだったので今年は昨年に比べてアップが早いです。(これも進歩の証と考えましょう)


■事務所業績

売上高 32,503千円(青控前3,742千円)
顧客数 法人66 個人11(増10減1)

平成22年は投資過多で青色申告控除前の所得が948千円となり、父親の扶養になってしまいましたが、今年はその状態から何としても抜け出すのが私の最低限の目標でしたが、何とかその最低限の目標だけは無事クリアする事が出来ました。
売上的には開業以来初めて3,000万円を超えました。売上前年対比を見ても今までで一番の伸びであった平成22年(前年比4,369千円増)と同程度の成長(前年比4,473千円増)を果たすことが出来ました。平成23年は東日本を未曾有の大災害が襲いましたが、そうした中で過去最高の成長を遂げる事が出来ましたのも事業を応援して頂いている皆様のお陰だと感謝の念に堪えません。本当にありがとうございました)

前年は減少した関与先件数も今年は増加に転ずる事が出来ました。
とりわけ震災後の厳しい経済環境の中、顧問先様の減少が個人事業1件だけに留まったのは関与させて頂いている会計事務所としてこの上もない喜びであると感じています。


■事業報告
平成22年に3名の所員(前田所員、高野所員、宮田所員)を採用してMAS事業化(経営サポートが出来る会計事務所への挑戦)に向けて走り出した阿久津事務所に5月激震が襲います。
MAS事業化に向けて私と共に先頭を走り続けてくれた高野所員が急に退職する事になったのです。
これは私には全くの想定外の出来事で、6人のマンパワーがある事を前提に様々な事業の組立てを考え動き出していた矢先の申出で修正が効きません。

東京税理士会理事の就任、増販増客MP講座の受講、美容業特化MASへの取組等々、高野所員の退職が事前に解っていたなら果たして受諾したり、取組んでいたであろうかと思われる施策が動き出しています。
マンパワーをどうするか、事業を継続するか、悩んだ結果出した結論は現有勢力で正面突破を図ることでした。
高野所員退職後MAS事業化を担う事になった宮田所員と自分自身の踏ん張りに賭ける事にしたのですが、そうした中更なる想定外がやってきます。

8月から11月にかけて7件の税務調査が立続けに関与先にきたのです。
単なる偶然である事は解っていますが、それにしても総関与先数の10%にあたる税務調査が僅か4ヶ月の間に立続けにくることは今後もう無いのではないかと思うほどです。
税務調査の対応は税理士である私でなければ対応は難しく、その対応に相当な時間と労力を費やさなければなりません。
調査対応の詳細は守秘義務があるので書く事は出来ませんが、それぞれに様々なドラマが存在します。

宮田所員の踏ん張りと福島、牧野、前田各所員の献身的な協力もあって事業を頓挫させる事もなく何とか無事に一年を乗越える事が出来たのですが、こうして一年を振返ってみると阿久津事務所も平成23年は想定外が闊歩した一年であったように思います。

平成23年は個の力というよりは組織の力の重要性を再認識した一年となりました。


一年間かけてどのような施策に取組んだかは、また長くなりましたので次回のブログに回したいと思います。

HOME > 所員ブログ > 平成23年を振返り①