所員ブログ
サービス案内 事務所概要 所員紹介 インフォメーション よくある質問Q&A お問い合わせ
HOME > 所員ブログ > 確定申告佳境

所員ブログ

確定申告佳境

早いもので今日はもう3月8日です。
確定申告の提出期限まで今日を含めて後8日です。
進捗具合はと言うと・・・土日の入り具合が毎年変わるので単純な比較は出来ませんがここ何年間の内ではチョット遅れ気味でしょうか?
昨年は父の葬儀で3月2,3日と仕事をお休みしましたが、それでも3月11日の震災の時には大方の目処がついていたような気がします。
例年と比較して今年は余裕かなと甘く見ていましたが・・・通常業務が中々片付かず確定申告モードに入るのが遅れたのが影響しています。
そんな事で若干焦り気味の阿久津です。今週末から来週頭にかけてが山場のような感じです。
マンパワーはあるのでエンジン全開で頑張ります。


今はお陰様で事務所も6名体制になり気は楽になりましたが、かつてマンパワーが自分一人しかいない頃はとにかく気が張って大変でした。
何せ自分が病気か何かで倒れたら誰も変わりに仕事してくれる人が居ないのですから、この時期の健康管理には特に注意を払いました。
そんな注意もあってかお陰様で開業以来10年間この時期に体調壊して仕事休んだ事は一度もありません。(やはり気が張っているから病気が寄ってこないのかな。心頭を滅却すれば火もまた涼しと言うことでしょうね)


確定申告で期限までに終わらないと思った最大の危機は、忘れもしない今から7年前の平成17年3月(開業4年目)の確定申告です。
確か最後の確定申告書を作り終えたのが3月15日の夜10時で、それから急ぎ郵送の準備をして東陽町の郵便局本局に持込んで3月15日の消印をもらって何とか期限内にギリギリセーフ。セーフ。
相当際どかったのですが、どんなに途中「今年は間にあわない。ダメだ。」と思っても・・・終わってみると最後は帳尻がきちんと合って、何とかかんとかギリギリ間にあってしまうのですから何とも不思議です。

 
腹時計ならぬ勘時計が経験を積み重ねることで磨かれるのかも知れません。
よくお客さんから「確定申告時期は毎日徹夜ですか?」と聞かれる事がありますが、どんなに忙しくても私の場合それはありません。寝不足になると頭の回転も鈍くなるし、処理スピードも落ちるので逆に効率が悪くなって生産的とは言えません。但し3月14日の夜だけは過去に2度程徹夜になった事があります。徹夜しなければ終わらないとんでもない確定申告を持込んだやつは誰だ!と言えば・・・それは「事務所(税理士個人)の確定申告」なのです。


会計事務所の場合は、お客さんの申告が優先で自分の確定申告は一番最後という事務所が多いのではないかと思います。(特に少人数の事務所)
自分の申告なんだから直ぐに出来るでしょう?と思われる方も多いかと思いますが、ところがどっこいそうは簡単にはいきません。
会計事務所の申告は源泉の預りや、未収や立替の管理など結構細かい項目がいくつも出てくるので一年分貯めてしまうとそれはそれは合わせるのが大変です。
2度の徹夜の時も簡単に出来るだろうとたかを括って、一番最後の最終日に回したら・・・残高合わない!!
それで残高合わせるのにてんやわんやの始末です。
会計事務所の自身の申告で残高会わないまま申告するのはプロとしてのプライドが許さない。


で、疲れきった頭(申告最終日にもなると頭の中は完全にうに状態でどんなに頑張っても頭が働いてくれません)に鞭打ちながら何とか明るくなるまでには解決したと言うのが2度の徹夜の真相です。
もう今は事務所の経理は全て牧野所員に任せているので私の出る幕はありませんし、毎月月次をきちんと処理しているので最後であたふたすることもなくなりました。
昨日事務所の申告の報告を牧野所員から受けましたが、その時牧野所員から「事務所の申告が一番大変ですよ!!」と、開業当初は自分の申告が誰よりも一番簡単だったのですが・・・これも「成長の証」で喜ぶべき事なのでしょう。


残り一週間エンジン全開で頑張ります。

HOME > 所員ブログ > 確定申告佳境