所員ブログ
サービス案内 事務所概要 所員紹介 インフォメーション よくある質問Q&A お問い合わせ
HOME > 所員ブログ > 自衛隊の非常食

所員ブログ

自衛隊の非常食

ここの所大分暖かくなってきましたね。
昨日の日曜日は桜満開、ポカポカ陽気で絶好のお花見日和だったと思います。
阿久津のブログも昨年は桜の話題を度々取上げましたが今年は・・・残念ながらその余裕はありません。
土曜は打合せと来客でバタバタとしていたし、日曜日は一週間の整理と今日のいちげつ会議の資料作成に追われて一歩も外出することなく終わりました。


今年の花見はおそらく関与先訪問の合間、道すがらに眺めるだけになりそうです。
江東区は至る所に桜があるので道すがらの花見に不自由することはありません。
今日は午後から西大島の関与先を訪問する事になっているのでその行き帰りが楽しみです。
特に川沿いの桜が見事なので、猿江恩賜公園脇の川沿いや横十間川沿い、永代通り門前仲町裏側の川沿い、東陽中学校前等々を散策してくる腹づもりでいますが、さてさて思い通りにいきますかどうか・・・上手くいきましたら次回のブログにしっかりとアップさせてもらいます。(今日は歩くのが楽しみです。健康にも良いし、お医者さんからも少し体重落としましょう!と言われているし・・・)


さて前回のブログの続きです。
40時間蝋燭の次は今回の東日本大震災で現地に派遣された自衛隊員も食していた非常食のご紹介です。
紹介して頂いたのは株式会社香取の香取会長です。
通常のランチの会は門前仲町の東天紅さんで昼食を頂きながら会員の発表を聞く形式なのですが、本日のランチの会は大分趣向が変わって非常食が昼食です。
非常食の準備が出来るまでの間、香取会長がこの商品を見つけたきっかけをお話されましたが、「今回の震災で現地に派遣された自衛隊員はいったい何を食していたのだろう?」という事からだそうです。

 
「非常食」言葉では良く耳にしますが実際に食したことはありません。「非常食」と聞いた正直な感想は「ごはんがチョット」というイメージであまり味そのものを考えたこともありませんが・・・。
ちなみにこの商品の名前は備えよ常にで「備常食」と名付けられています。


さてひとしきり説明も終わり、早速準備にとりかかります。色々なものがセットになっていて、まずは大きめの袋を取り出してその袋の中にホッカイロに良く似たパックを入れて、その上にレトルトになっている非常食(カレーとライス)を入れます。
入れたらその袋の中に水を150CC程度入れればそれでOKです。
ちなみに袋の中に入れる水は海水でもアルコールでも何でもOKなのだそうです。

 

写真1_20120409.jpg

しばらくすると袋の中に蒸気が充満して袋に開けた穴から蒸気が勢いよく噴出します。

 

写真2_20120409.jpg

噴出す蒸気、上の写真からお解かりになるでしょうか。
待つことしばらく蒸気が収まって袋の中身を取り出すと非常食の出来上がりです。
出来上がるまでの時間、何分間だったか忘れてしまいました。

 

写真3_20120409.jpg

さて問題のお味ですが・・・これが美味しい!!!
普通のカレーと全く変わりません。
非常食としては美味しいと言うのではなく、全く普通の何処でも食べられるカレーの味なのです。
何も知らずに出されてこれが非常食と気が付く方はいるのかな??という位のレベルです。
保存期間は何と3年間だそうで、この普通の味を3年間維持出来るのは 凄い! の一言に尽きます。
写真では解らないと思いますが、特にごはんは出色で殆ど炊きたてと変わりありません。
ごはんには特に煩い阿久津も納得です(ごはん粒一粒一粒が潰れているとそれだけで許せません。ごはん粒一粒一粒がハッキリとした形をしていないと嫌なのです 変なこだわりを持つ阿久津です)


カレーやごはんばかりではありません。
おでんやさんまピリカラ煮、缶入りのパン等々どれもこれも本当に美味しいの一言です。
普通の食事の代用としても味的に問題ないので、賞味期限近くになったら普通の食事代わりにすれば無駄にもならないし、いやいやまさしく優れものです。価格的にもお手頃です。
皆さんも一度だまされたと思ってこの備常食を是非お試しあれ。


この備常食を食しながらある事を思い出しました。そうそれは中学1年時の記憶です。
中学時代にはボーイスカウトに所属していましたが、毎年キャンプに出掛けて食事を作る時の最大の難関は何と言っても火起こしでした。
原始的な方法で火を起こし食事を作るのですが・・・晴れてる時はまだしも、天候が荒れると火がなかなか起きないので、先輩はイライラし後輩に当り散らされ悪くもないのに怒られるわで良い思い出は全くありません。
火の回りを皆で囲んで風が入らないようにして、かすかに火が起きたらそれを消さないように必死にお盆のようなものを使って風を送って・・・こんな便利なものが当時からあれば火起こしで苦労することもきっとなかったでしょう。
(でもそれではキャンプにならないね 苦笑)

HOME > 所員ブログ > 自衛隊の非常食