所員ブログ
サービス案内 事務所概要 所員紹介 インフォメーション よくある質問Q&A お問い合わせ
HOME > 所員ブログ > 日常のさくら

所員ブログ

日常のさくら

ここの所ポカポカと春の陽気で本当に過ごし易くなりました。
今年の冬は本当に寒かったですよね。寒いのが大の苦手な阿久津には春の訪れは喜ばしい限りです。
今週の月曜日、20度を超える暖かいと言うよりは少し汗ばむような陽気の中、宮田所員と顧問先である西大島にある手打蕎麦の銀杏さんに訪問してきました。


訪問の帰りに次のブログのアップネタに江東区の桜満開写真を捉えようと考え、帰りは歩きを選択して方々立寄りながら事務所まで戻ってきました。事務所から銀杏さんまでは凡そ3.5km位の距離ですが、事務所に戻った時には汗ダクダクでいやあ参りました。
まあしかしこれが今年唯一の花見なので次の予定を気にしながらで慌しいけど致し方ありません。
陽気が良かったせいもあったけどブログネタの桜の写真も数多く撮れたしまずはめでたしめでたしと思っていると・・・一昨日の宮田所員のプログを見て =唖然= さくらネタ先にやられました(あちゃ!)しかもブログにアップされたさくらも猿江恩賜公園と仙台堀川公園のさくらで全く同じじゃあーりませんか。
この日宮田所員は立寄る所があると自転車で外出したので別行動だったのです。


うーんまあこの時期はさくらネタは致し方ない所だけど・・・これからプログネタ変えるのも辛いものがあるし・・・致し方ありません。
ブログを丁寧にお読み頂いている方には申訳ありませんが被りで行っちゃえ。と言うことで江東区の桜名所紹介です。
まずは猿江恩賜公園の桜から


写真1_20120412.jpg

猿江恩賜公園の花見の特徴は何と言っても後方に聳え立つ東京スカイツリーとのコントラストでございます。
写真左手に写っているのがお馴染みのスカイツリーです。



写真2_20120412.jpg

月曜日の日中だと言うのに花見客で桜の木の下はビッシリです。
今から夜の席取り?と思われるような団体もチラホラいて昨年の今頃とは大きな差を感じます。
上向き加減が感じ取れます。



写真3_20120412.jpg

宮田所員も撮影していましたが、新大橋通り沿いの橋の上から撮影しました。猿江恩
賜公園の撮影はHDRアートで撮影したので何か画像が変ですよね。

さて猿江恩賜公園を後にして横十間川を南下します。



写真4_20120412.jpg

この川沿い仙台堀川公園までは桜の木はあまりないのですが、この川の途中には水上
アスレチックなる川辺を利用した子供達の遊べる施設があります。



写真5_20120412.jpg

流石に冬は遊ぶ子供の姿は見かけませんが気候が良くなってくると子供達の楽しそうな声がこだましています。



写真6_20120412.jpg

もうすっかり夏気分で水に浸かっている子供もいたりして



写真7_20120412.jpg

リフト渡りやっている女の子まだ3歳ぐらいではないかと思いますが、いやいや結構勇気ありますね。

水上アスレチックを後にして再び南下すると仙台堀川公園の桜が目に飛込んできます。



写真8_20120412.jpg

川面にくっつくぐらいに張り出した桜の枝が見事です。



写真9_20120412.jpg

豊住橋の橋の上から撮影した仙台堀川公園のさくらです。

仙台堀川公園から事務所まで帰社の途中にもさくらさくらのオンパレードです。



写真10_20120412.jpg

原木会館入口前のさくらです。



写真11_20120412.jpg

江東区役所のさくらです。



写真12_20120412.jpg

東京シーサイドホテル隣マンション内のさくらです。



写真13_20120412.jpg

東陽図書館奥のさくらです。

 


写真14_20120412.jpg

東陽中学校前の桜並木です。



写真15_20120412.jpg

そしてさくらと言えば忘れてはならない阿久津が勝手に命名した阿久津事務所の「理念桜」今年も見事に咲きました。
理念桜??と言う方はこちらのブログを是非ご覧下さい。
http://www.akutsuzeimu.jp/blog/2011/04/post-164.html#more
http://www.akutsuzeimu.jp/blog/2011/04/post-165.html#more


美容室のオーナーさんも言っていましたが日本全国で桜の木が一番多い都道府県、もしかしたら東京なんじゃないでしょうか。
阿久津はあまり地方都市の事情は詳しくありませんが、確かに東京はいたる所に桜の木が植えてあります。
特に江東区は川が多いのでその川沿いにはどこも桜の木がビッシリで、わざわざ花見に出かけなくても日常生活の中で花見がどこでも楽しめます。
何だかんだ言ってもまだまだ人情味はあるし、本当に良い町に生まれたと思います。(感謝 感謝)

HOME > 所員ブログ > 日常のさくら