うちのMAS
サービス案内 事務所概要 所員紹介 インフォメーション よくある質問Q&A お問い合わせ
HOME > うちのMAS > MAP経営との出会い~導入への課題~

うちのMAS ノンフィクション月刊連載!

2010年8月 5日

MAS事業化への想い Vol.1-4

MAP経営との出会い~導入への課題~

Main Author 宮田 洋平 【プロフィール
Client & Project Manager 阿久津公一【プロフィール

RSSで購読する

著:阿久津公一


 導入に際しての最大の問題は資金と時間の問題である。このシステムを現に導入している税理士仲間にヒアリングを重ねると、その多くはやめておいた方がいいよという意見であった。その時の意見をいくつか紹介します。「ソフトの完成度は高いし、精密性を考えたらこれ以上の経営計画ソフトは無い」「操作が難しくて使いこなせない。無駄な投資だった。」「習得しようと思ったら相当時間を使うことを覚悟しないと駄目だ。」等々導入しても使いこなせるかどうかそれが最大のポイント。使いこなせた時には税理士業務の付加価値として強力な武器になることは間違いなさそうだと感じました。時間を確保する為には、所員を採用しなければどんな工夫をしても無理なのは明らかです。現在の業務だけで一人でこなしていくには既に一杯一杯の状態でした。ですが簡単に所員の採用は出来ません。

 所員を採用するにあたっての最大の問題、それは事務所にありました。私の事務所は以前、妹夫婦がマンション購入するまで暮らしていた自宅の隣の歴史を感じる一軒家です。1階は妹夫婦が住み始める時に改装済みでフローリングになっていますが、2階は天井の高い畳敷きでトイレは和式、床の間などもあり建築された当時の面影をそのまま残していました。仕事に疲れると2階に上がりソファにゴロッと横になり、疲れを癒したらまた階下に戻り仕事に励む。一人事務所としては非常に心地よい空間でした。所員を採用するには現在の心地よい空間を事務所仕様に変更しなければなりません。しかも、その変更には相当の改装工事が必要になります。この頃今後の事務所の方向性に関して心の中で葛藤が始まります。頭の中では事業拡大に向け積極的投資を行うことに決めていた。

 しかし、心のどこかで「開業から丸6年、夜も昼も休みも無くガムシャラに働いて全くのゼロからやっとの思いでここまできたんじゃないか。無理することないよ。今のままでいいじゃない」もう一人の弱気の自分が囁き続ける。個人事業主の場合、人を雇うということは自分の所得を分けることに他ならない。人を雇えば自分の所得が減る。売上も所得もようやく人並みになった。貯金もそこそこ出来た。情けない話だが、真面目にコツコツと働くことしか能の無い私には、それを投資する、その決断ができない。頭の中ではわかっていても心が言うことを聞いてくれない。決断できないまま日々の忙しさに忙殺されて時間だけが過ぎていった。



最初から読む

お気軽にお電話ください!03-3649-5370 平日9:30~18:00頃まで メールでのお問い合わせはこちら!
HOME > うちのMAS > MAP経営との出会い~導入への課題~